無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

#35 キスマと樹

ドライブデートは楽しかった♡

そして
出迎えてくれる執事サン達…
北斗
北斗
学校サボって、
お楽しみだったんですね、笑
慎太郎
慎太郎
変なことされてない?
樹
お前が言うな、笑
ジェシー
ジェシー
オレの続きは?笑
大我
大我
ボクの順番いつ?笑
優吾
優吾
オレなんて…いつになるの?笑
毎回賑やか、笑
夕食も済んで入浴も済み


そして
トントン…ドアをノック








樹
どーぞ、お姫様♡




いつもの樹の笑顔が迎えてくれるし

いつものよう
樹にドライヤーしてもらう
樹
はい、乾いたよ♡
あなた

ありがとう♡

樹
あなた…
樹はニヤっとして後ろからハグ
あなた

え?

樹
やっぱり行かせたくない、笑
首すじに唇を這わせて
そこに強めのKiss
あなた

樹ッ/////

樹
ふふッ♡
満足気な樹、笑
鏡を見ると

ドライブの時に付けられたキスマと
反対側に新しいキスマが…/////
あなた

/////

樹
もっと付けたいんだけど、笑
樹
慎太郎、
妬くだろな、笑
あなた

/////

なんて答えば正解なんだろ、笑
樹
何回見送ればイイんだろ、笑
樹
じゃあ、ほどほどに、笑
あなた

うん/////

そう言って

樹の部屋をあとにした…