無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

G🦍part2
お家で一杯
数原龍友
何撮ってるん
あなた

あまりにも龍友がかっこよすぎて……

数原龍友
嘘つけ!!‪w
あなた

嘘じゃないですもぉーん

あなた

てかなんで家なのに帽子かぶってるの??

数原龍友
頭が寒いんや
あなた

ハゲてるの?

数原龍友
ハゲてへんわ!!
数原龍友
ほら、コーヒー飲んだらデートや
あなた

やったぁ!!デートデート❤

あなた

って、夜なのにどこ行くの?

数原龍友
川沿い
あなた

あー、たまにはいいね。

.
.
.
.
数原龍友
うぅー、さびぃな😬
あなた

上着薄そうだね~

数原龍友
あなたはごっついの着やがって
あなた

いやいやいや、龍友が暖かいの着てくればいい話じゃん

数原龍友
ま、俺はこうやって温めてもらおうかな〜😁😁
あなた

ちょ/////

龍友はあなたに抱きついてきた
数原龍友
ほら、めっちゃ温かいやん
あなた

そ、そうだね//

あなた

ていうか変装しなくていいの??

数原龍友
人少ないし。暗いし。大丈夫やろ
あなた

心配だなぁ……

数原龍友
大丈夫大丈夫。もし見られてたら
この歳の差なら兄妹とか従兄妹って言えばいけるいける
あなた

頼んだよ??

数原龍友
誰にもこの関係崩させないしな
あなた

そうだね☺












































































END