ロバチェフスキーの公理

恋愛

ロバチェフスキーの公理

13
75
548
2019/07/14
オリジナル
連載中
「硝子性欠陥症」と診断され、余命は一年半だと告げられた。できることなんて何も無い。もう何もいらない。
生きる意味を失ったと思っていた利根川夕陽。
まだ何かを、望んでもいいのだろうか。

チャプター

全16話
続きから読む
並び替え

この作品のタグ

恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る