無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

240
2021/02/22

第9話

episode nine
夏菜子ちゃんがもし女の子の日だったら…







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







夏菜子side







朝起きたら違和感がして







トイレに駆け込んだ結果…







きちゃった(´∀`*)←







どーしよ…今日デートなのに最悪







でも私をそう甘く見てはいけないよ!







なぜなら私は、全っ然重くないから✨







とりまナプキン持って…







さぁ!れっつらごー!







ーーーーーー







あ!いた!







『亮平君!お待たせ!待った?』







アベ「ううん!俺も今きたとこ!」







『じゃあ、行こっか!』







さりげなく恋人繋ぎしてくる亮平君大好き








したらね…







『っっっ!』







急に生理痛が襲ってきました。







『(生理痛ってこんな痛いの?)』







アベ「夏菜子?大丈夫?顔色悪いよ…」







『うん!平気だよ…!う"っ』







アベ「おっと!ねぇ違ってたらごめんね」







アベ「今日ってオンナノコノヒだったりする?」







『…うん…』







アベ「なんで言わなかったの?」







『だって…いつもこんなに痛くならないし』







アベ「…でも夏菜子さ…」







『?』







アベ「俺が【大丈夫?】って聞いた時、
   嘘ついたよね」







『ギク(゚ω゚)…はい…』







アベ「もう…今日は帰ろう、俺ん家
   泊まる?」







『・:*+.\(( °ω° ))/.:+』







アベ「ふふっ英語も教えてあげるw」







『ありがとう!亮平君大好き!』





















やっぱり優しいアベ君です!

















更新遅れて申し訳ないです💦