無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

52
2019/10/10

第30話

旅行5
私たちは新幹線を降り、駅を出て、カフェに来た。

少しひと休み。



「今度、お母さんに会いに行こう。」


「あー、そうだね。」


よし、お母さんに聞いてみよう。



『お母さん、今度いつか空いてる?』



『ええ。空いてるわよ。いつでも。どうかした?』



「お母さんはいつでも空いてるらしい。私もだいたい空いてるけど、大樹は?」



「俺は今度の週末ならいいよ。」


「じゃあ、週末ね!」




『お母さん、今度の週末、会ってほしい人がいるの。』



あれ?既読になったのに、返信遅くない?

”プルルル………”

電話……かかってきた。



「もしもし。」



「あなた!?あ、あ、あんた、いつそんな相手ができたの!?」


「え?あ、まあね。で、とにかく今度の週末そっちに行くから。」


「え!ち、ちょっと!」


「大丈夫だから。ね?」


「う、うん。」


「じゃ。」


「じゃ…あね?」



”プツっ”



「いいの?」


「うん!」



うー!!

ついに私も結婚かぁー!!

うふふっ!!