無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

575
2020/09/22

第15話

🔪




ジョシュア「チアのために?」




あなた「ほかに誰がいるのよ」




ウジ「あっそういえば」




ジョシュア、あなた「何?」




ウジ「庭にもクローバーとトリカブトが咲いてあった!」





あなた「どちらとも花言葉は.......」





ジョシュア、ウジ「復讐.......」




あなた「そう」






あなた「こっちよ」





あなたのあとをついて行ってると







あなたの部屋に入っていき







1番奥の扉を開くとそこには下にへと繋ぐ階段がありました.......






ジョシュア「地下?」




あなた「そうだよ」





あなた「早く降りてきてよ」





ジョシュア「おう」








階段を降りていくとそこには机、椅子(ソファ)が置いてあるとても殺風景は部屋がありました



そこには1つの扉があり




あなた「そこに座って」




ジョシュア、ウジ「うん」





あなた「.......SEVENTEEN脱退できる?」




ジョシュア、ウジ「!?」




あなた「もし、あなた達が私と繋がってるってみんなに広がった時、脱退できる?」




ジョシュア「.......できるよ俺は.......それを覚悟して来たんだから」




あなた「あなたは?」




ウジ「.......できます!!承知の上です」




あなた「そう.......」





ジョシュア「それだけ?」




あなた「な訳馬鹿なの?」




あなた「あっそうだシュアオッパ私の家督をウジオッパにあげといて」





ジョシュア「了解」





ウジ「僕より下だったんだ」





ジョシュア「ディノより下だからね?」





あなた「あと、こっち着いて来て」






そういうとあなたは立ち上がり








不気味な扉を開け始めたのです








ガチャ








そこには.......







ジョシュア、ウジ「えっ?.......」








たくさんの銃、刃物が数え切れないくらいありました






ジョシュア「あなた?もしかしてこれでするの?」





あなた「な訳 シュアって馬鹿なのね」






ウジ「もしものため?」





あなた「そう!正解!」





ジョシュア「もしもって‪w」





カチャ





あなた「こういう時ね」