無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

。。
勇太side


今日はあなたがご飯作ってくれるんだよね〜!


楽しみ、、、。
坂口 はな
勇太先輩〜
(いつも絡んでくる女の後輩の名前です。
新しく決めました。。すいません)
神宮寺勇太
神宮寺勇太
どしたの?
坂口 はな
ちょっとだけ、給湯室来て貰えませんか?
神宮寺勇太
神宮寺勇太
うん


どうしたんだろ、あんま絡むと、あなたに心配かけるからあんまり関わりたくないんだよね。


でもなんか、悲しそうな顔してた。
坂口 はな
あの、、グスッ
神宮寺勇太
神宮寺勇太
大丈夫?どしたの?
坂口 はな
私、見ちゃって。
永瀬くんと、あなた先輩が仲良く話してて、それ見たら勇太先輩がかわいそうだなって。
悲しくなっちゃって、これ見てください
携帯の画面を見せられて、、


そしたら、楽しそうに話してて。

しかも、頭ポンポンしてるし、、、
神宮寺勇太
神宮寺勇太
そうなんだ、、
坂口 はな
勇太先輩は、それでいいんですか?私いや、です。    ギュッ
神宮寺勇太
神宮寺勇太
ね、ちょっ、やめて
坂口 はな
私にしてください。、あなた先輩なんかじゃなくて私に、、
神宮寺勇太
神宮寺勇太
無理だよ、俺、あなたが好きだから
坂口 はな
そんな、、はっきり言わないでください、、グスッ



泣いちゃったよ、、

どうしよう。
神宮寺勇太
神宮寺勇太
わかった、ごめん。泣かないで
坂口 はな
ニヤッ   じゃあ、今日の商談の後、、付き合ってください。今日だけなんで、、
神宮寺勇太
神宮寺勇太
で、でも、、
坂口 はな
お願い、、グスッ
神宮寺勇太
神宮寺勇太
わかった。



こんなの、あなたになんて言えばいいの。


あなたに言いたくない。心配かけたくない。



あ、メール。メールしとこ。

勇太
((ごめん、今日帰り電車で先に帰ってて。
取引先との商談で遅くなるから。ごはん楽しみにしてる(^-^)))



少しでも、心配にならないように。

信じてて、何もしない。俺、あなたしか見てないから。



ごめんね、こんな俺で、、





*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――*

作者

短めでごめんなさい!

次長くします、、😭