無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
403
2018/08/08

第4話

勘違い2
正直学校なんてめんどくさい。行きたい、だなんて1mmも思わない。でも
<なまえ>
○○おはよー
こいつがいるから来てる。こいつは俺の親友で俺の好きな人。
<なまえ>
○○寝グセついてるよ
俺の髪を背伸びをして足を震わせながら治してくる。
好きな人
好きな人
やめろよ
俺は手をはらいのける。そんなことされたら平常心保てないから...。
好きな人
好きな人
いくぞ
俺は歩き出すと隣にあいつがくる。
<なまえ>
今日バッグ重い
好きな人
好きな人
持てばいいんでしょ笑
俺がバッグを持ってあげれば顔をキラキラさせる。
<なまえ>
ありがとー!
ニコッと笑ってくれる顔が見たかった。だからもってあげた。学校につけばバッグをかして、教室は違うから別々の教室に入る。俺が教室に入れば"付き合ってんの?"とか"ラブラブだね"だの毎日言われる。俺だってそうしたいし……。授業が終わればあいつを迎えに行く。
好きな人
好きな人
あなたー帰るぞ
<なまえ>
あ、ごめん!☆☆くんに映画誘われちゃって...!
先帰ってて。と言われ俺は言葉一つ残さないで教室から出ていくり外に出ればあいつの声がする。
<なまえ>
ねぇ、まって!
俺初死して歩く、けど腕を引っ張られる。
<なまえ>
どうして怒ってるの?
好きな人
好きな人
別に
俺は手を払ってまた歩きだす。でも後ろから声がまた聞こえた。
<なまえ>
○○のバーカ!○○はいつも冷たくて意地悪で男気ないけど、勉強教えてくれふし優しいし元気くれる。あなたは○○のことが好k
好きな人
好きな人
まって...
気がつけば俺は走って抱きしめていた。
好きな人
好きな人
まって...その言葉俺に言わせて
だから...だから
好きな人
好きな人
俺はお前が好き
俺はすぐに唇を重ねた。
<なまえ>
○○...//
好きな人
好きな人
ずっと、そばにいろよ?
<なまえ>
うん!
今までの中で一番最高な笑顔で言ってくれた。
<なまえ>
ずっとずっと離れないでね?
あたりまえだろ。ねぇ、お前から一生離れられねーわ