無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5話「救いたい」
~~~翌朝、教室の前~~~
(なまえ)
あなた
まふくん!おはよ
まふまふ
まふまふ
あ、あなた…おはよう
(なまえ)
あなた
怖い?
まふまふ
まふまふ
うん、少しだけ…
(なまえ)
あなた
大丈夫だよ、まふくんなら。
(なまえ)
あなた
私隣クラスだから、何かあったらすぐ逃げてきて。わかった?
まふまふ
まふまふ
うん…わかった
(なまえ)
あなた
よし、じゃあ…(背中を叩く)
まふまふ
まふまふ
わっ
(なまえ)
あなた
大丈夫だよ、行ってらっしゃい、私は隣にいるよ。
まふまふ
まふまふ
…!うん!(大丈夫、隣にいてくれる。)
いじめっ子
いじめっ子
お、来たかw
まふまふ
まふまふ
(あれ…なんでだろ、怖くない)
まふまふ
まふまふ
(…あなたが背中押してくれたからかな。ほんと、あなたはすごいや)
いじめっ子
いじめっ子
お前今日放課後また体育館裏来いよ?w
まふまふ
まふまふ
あーごめん、今日一緒に帰る人いるから無理
いじめっ子
いじめっ子
…は?w
いじめっ子
いじめっ子
おい、俺らに口答えすんのかよ
いじめっ子
いじめっ子
そうだぞ〜、どんな目に合うかぐらいわかるくせにw可哀想〜www
まふまふ
まふまふ
はぁ…もう授業始まるから席着けば?
いじめっ子
いじめっ子
…なんだと!?おらっ(殴ろうとする)
まふまふ
まふまふ
ガシッ…(よし、先生見てる…)
いじめっ子
いじめっ子
は、はぁ!?大人しく殴られよ!!!
まふまふ
まふまふ
(これで先生が止めに来てくれたら…)
先生
先生
そこまでだ。
いじめっ子
いじめっ子
…っ…!
先生
先生
お前ら、まふまふの事をいじめてたそうだな
いじめっ子
いじめっ子
ちがう!それは…!
先生
先生
反論できないということはそういうことなんだな?
いじめっ子
いじめっ子
…それ…は…
モブ「あいつらやばくなぁい?」

モブ「それな〜、いじめやばかったもんね」
まふまふ
まふまふ
先生、あとはよろしくお願いします。
先生
先生
ああ、わかった。
昨日の夜電話くれてありがとうな。今まで気づけなくてすまなかった…。
まふまふ
まふまふ
いえ…べつに大丈夫です。
すこし話したい人がいるので行ってきます。
先生
先生
ああ、わかった。
話し終わったら職員室に来てくれ
まふまふ
まふまふ
分かりました
(なまえ)
あなた
(…私がいなくても、大丈夫だったな)
まふまふ
まふまふ
(ドアを開ける)
(なまえ)
あなた
わっ!
まふまふ
まふまふ
うわぁ!?
(なまえ)
あなた
ふふw私がいなくても大丈夫そうだったね
まふまふ
まふまふ
教室…行ってなかったの?
(なまえ)
あなた
うん、心配ですこしドアから覗いてた
まふまふ
まふまふ
そう…だったんだ
(なまえ)
あなた
頑張ったね
まふまふ
まふまふ
うん…
まふまふ
まふまふ
あなた
(なまえ)
あなた
ん?
まふまふ
まふまふ
ありがとう
(なまえ)
あなた
私は特になんもしてないよ?
まふまふ
まふまふ
してくれたからお礼したの!
(なまえ)
あなた
…そっか…
(なまえ)
あなた
ありがとう
まふまふ
まふまふ
…?あなたがお礼言うようなことないよ…?
(なまえ)
あなた
いや、なんでもないよ…職員室行くんだよね?
まふまふ
まふまふ
うん…
(なまえ)
あなた
ついて行こうか…?
まふまふ
まふまふ
ううん、大丈夫。
一人で行ってくるよ
(なまえ)
あなた
そっか…じゃあ放課後たくさんまた会おうね
まふまふ
まふまふ
うん、行ってきます。
(なまえ)
あなた
行ってらっしゃい。
(なまえ)
あなた
…ありがとう…(ボソッ)
まふまふ
まふまふ
……?(あなた、今なんか言ってた…?気のせいかな)
(なまえ)
あなた
(昔の私が…救われた気がした)
(なまえ)
あなた
(ありがとう、まふくん。)
まふまふ
まふまふ
(昔のあなたも、これで少しは救えたかな。)