プリ小説

第22話

いじめ side珠莉
07/14 00:00
To:開催者X
title:ミッション
ミッション成功のため、瀬戸鈴菜へと罰は
なしとする。
私は順番通りにこっちゃんに投票をする。
ピロンッ♪
07/14 08:00
To:開催者X
title:投票結果
《投票結果》
1位、鹿島瑚子(11票)

《ミッション》
鹿島瑚子は伊藤珠莉を殺せ。

《失格者》
瀬戸鈴菜
















綺麗な月の夜、たった今私はこっちゃんに
首を絞められている。


あのメールを見た時、私はもう決めていた。
こっちゃん達に生き残ってもらいたいな…
私が見る走馬灯、それは初めて2人と出会い
仲良くなった時のことだった…


〜1年前の春〜
当時、かなり地味でクラスで影のような存在
だった私。


鹿島さんはセミロングの黒髪。パッと見、
普通の子でクラスの数人と一緒に行動。


藍川さんは授業でいつも寝て、クラスの中で
も声を聞いたことがある人はあまりいない。
やっぱり、クラスカーストはあるから地味な
私はいじめられる対象となった。


派手な女子達は自分達のグループ以外の人が
派手な格好をすると警告なようなことをし、
それでもやめなかったらいじめていた。


私は派手な格好はしなかったが、地味という
ことでいじめられ始めた。
机には落書きをされ、上履きは隠され、校舎
裏に呼び出されてはお金を巻き上げられたり
して…
とある日の休み時間。私は授業が始まるまで
トイレにこもっていた。


毎日が怖いな……


そんなことを思っていると…
コンコン…
突然、ドアをノックされた。
鹿島瑚子
ねぇ、珠莉ちゃん?私、同じ
クラスの鹿島瑚子っていうん
だけど分かるかな…
伊藤珠莉
…………分かります…
鹿島瑚子
学校、辛い?
伊藤珠莉
……はい…
鹿島瑚子
きっと、明日から少しは楽しく
なるから頑張って来て!
扉越しに明るい声でそう言った。
伊藤珠莉
え…?
鹿島瑚子
それじゃ!
その後の授業もいつも通りで放課後は残され
いじめられてから帰った。
部屋で私は考え事をしていた。
いじめられる呼び出しとか以外で誰かに話し
かけられたの初めてだな…
明日からは少し楽しくなるってどういう意味
だったんだろう…
私はそう思いながらも、次の日も学校へ。
早めに学校に行くと、いつも通り私の机には
沢山の落書きやゴミが置いてあった。周りの
女子はクスクスと笑うばかり。男子は遅い人
が多いし、早くてもまだ春なので言えない人
が多かった。
先に散らかされたロッカーを綺麗にすると、
雑巾を取って濡らし、机を拭いていると…
女子
ね、ねぇ、アイツ…
女子
マジ有り得ない…
ヒソヒソと話し出し、私はその方を向く。
そこにいたのは…
鹿島瑚子
珠莉ちゃん、おはよ!
そう言って私に向かって笑ったのは、黒髪を
茶髪に変え、ストレートからゆるくウェーブ
のかかった派手な鹿島さんだった…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

✨舞✨
✨舞✨
いつも作品をお気に入りにしてくださっている方 ありがとうございます!! こんにちは!✨舞✨です! 更新日の目標:1日1話 《連載中》 『神は僕達を見捨てました』『僕の夢は未来の世界』 『下剋上教室 2学期』(下剋上教室の続きで書いています) 《休載中》 『GAME OVER』 《完結》 『DEATH GAMEシリーズ』 〜0〜「全ての元凶となったDEATH GAME」 〜1〜「これからDEATH GAMEを始めるよ!」 〜2〜「霧ヶ崎中学校卒業式編」 〜3〜「日本中を巻き込んだ生き残りゲーム」 〜4〜「DEATH GAMEは終わらない?」 『DEATH GAME Return』『君達の投票で命は決まる』 『死神の後継者』『学校閉鎖』『天才ゲーム』 『下剋上教室』 専用タグ↪︎✨舞✨ 主に👻ホラー👻を投稿します! いつも僕の作品にいいね!やコメントをしてくれる方 ありがとうございます! 応援のコメントを読んでいると物凄く嬉しくなります! 『✨舞✨の掲示板』 主に僕の作品の連絡、紹介などをしたいと思います! あらすじ等も作品よりも詳しく書く予定です!