第62話

再会
あなた「……着いちゃったよ、(まぁ別に、音駒のみんなには会いたかったし、お兄ちゃんとも仲直り?して前と同じ感じだし…ふつーに行けばいっか!!)



よしっ!」



プルルルルプルルルル📞

あなた「え!?人がせっかく決心したってのに…」



『大地さん』



あなた「……(っえ?わた、私なにか怒られるようなことしたっけ、?いや、でも武田先生と潔子さんが説明してくれるって言ってたし…だ、大丈夫だよね?)」



ガチャ



あなた「も、もしもsーーーーー
澤村「あなた!!!お前!なんで何も言わずに行くんだっ!」」


キーーーン

あなた「(耳、痛い…)うぇ!?な、なな何ですか!?」


澤村「(フーッ……)それで?大丈夫なのか?」


菅原「え、あなたでたの!?


西谷「まじすかぁ!?


日向「あなた〜


澤村「お前らうるさいっ!!!

あ、こらっ!スガ!」


菅原「あなた!?大丈夫かぁ〜?」


あなた「スガさん!!大丈夫ですよ笑
なんでそんなに心配してるんですか?」


菅原「あなただからな笑」



あなた「私、こう見えてもしっかりしてるんでっ!!(迷子になったのは黙っておこう)」


菅原「そうかそうか〜笑」



西谷「スガさん!!俺も!俺も!あなたと話しますっ!


菅原「うぁっ!おい!」



西谷「あなた!!寂しかったぞぉ!!」



あなた「西谷先輩!私いなくても潔子さんいるじゃないですか!笑」



西谷「……そのことなんだがな、聞いてくれ、」



あなた「え、え?まさか潔子さんになにか…?」


西谷「潔子さんがな…家が近いから帰るとか言うんだっ!!!」


あなた「……んなっ!?それは悲しすぎますね、私も音駒高校に行くことにならなければ潔子さんとのお泊まりを楽しみにしていたんですよ…?」



西谷「だよなぁ、それであなたも居なくなって俺は…俺はぁ!」


月島「そんなくだらないこと話してるなら変わってくださいよ


西谷「なんだと月島ぁ!潔子さんの話はな!くだらなくなんkーーーー
月島「もしもし?あなた?」」



西谷「まだ俺が話してる途中だろうがぁ!!


縁下「西谷うるさい



あなた「月島くん!そっちは楽しそうだね、いいなぁ〜」


月島「うるさいだけだよ…大丈夫なの?」



あなた「ん?なにが?」



月島「だから、その…1人で」



あなた「月島くんまで!?そんなに私信用ない??」


菅原「だってあなただもんなぁ笑



あなた「スガさん…?聞こえてますよ、」



月島「そーゆう心配じゃないんだけど…」



影山「あなたあなたあなたあなたあなたあなたあなた……


月島「……後ろで王様がうるさいから代わるね」



あなた「あ、うん」



影山「あなたーーーー!!!!」



あなた「(2回目だよぉ泣)な、なに!?」



影山「どこだ!迎えに行く!場所教えろ!」



あなた「そ、そんなの無理だよ!」



澤村「あぁ!もう!そろそろ返せ!


ちゃんと着けたのか?」



あなた「は、はい!バッチリです!」



澤村「……迷子にでもなったのか?」



あなた「(ギ、ギクゥ)そ、そそそんなわけないじゃないですかぁ💦」



全員「「「「「「(迷子になったんだな……)」」」」」」



澤村「今無事ならいい、

いいか?知らない男の人に話しかけられても無視するんだぞ?あ、あとそっちでも気をつけろよ?まぁお兄さんいるなら大丈夫だと思うが、」



あなた「(若利くんいたから知らない人じゃないよな、)大地さん、お父さんみたいです笑
そんな心配しなくても私は大丈夫ですよっ!」



澤村「大丈夫じゃないから心配しtーーーー」


ヒョイッ


ギュウッ


誰かにスマホを取られて抱きつかれた、



あなた「う、わぁ!!」



澤村「なんだ!?大丈夫か!?」



??「あー、もしもし?」



澤村「……、誰ですか?」



??「音駒高校の主将です。まぁ、あなたのことは俺たちに任せてくださいよ?ちゃんと大事にしますのでニヤ」



あなた「ちょ、ちょっと!いきなり抱きつかないでよっ!


澤村「……今、抱きつくとかなんとか聞こえましたが?あなたに手出さないでくださいね?」


??「……約束しかねますねぇ、では!」



澤村「え?おいっ!ーーーーー」


ガチャ


??「あなた久しぶりだなぁ!元気だったか??」



あなた「元気だよ…そんなことより離れて衛輔くん」



夜久「えぇー、せっかく久しぶりに会えたのに…」


あなた「それは私も嬉しいけど、暑いよ!?」



夜久「あなたにくっつけるなら暑いとかもうどうでもいい〜」



あなた「(あ、ダメだこりゃ…衛輔くんこんなキャラだっけ?)」


??「あのー、俺のこと見えてる???」



夜久・あなた「……」



??「ねぇ!?俺泣くぞ??」



あなた「冗談だよ笑久しぶりだねお兄ちゃん」



黒尾「だな、お前が勝手に宮城になんか行くから」



あなた「そ、それはごめんって、

てかっ!人が電話してたのに勝手にスマホ取らないでよ!しかも切ってるし!後で謝らなきゃ…」



黒尾「まぁまぁ〜」



夜久「ほんとだよな、それは最低だ」



あなた「だよね?さすが衛輔くん」



黒尾「おい!?突然の裏切りか!?」



夜久「こんなやつほっといてさっさと行こうぜ!監督とコーチも悲しがってたぞ〜」



あなた「ウッ、それは申し訳ない…」



夜久「まぁまぁ笑あ、あと、他のやつらも寂しがってたな〜特に研磨笑」



あなた「申し訳ないと思ってます……」



夜久「ハハッ笑じゃあ、行くか!」



あなた「うん!」



黒尾「ちょっとおいていかないでよっ!?」