無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

14
夏輝Side
澤本夏輝
(๑´0`๑)ファー
俺は朝の少しだけ部屋に差し込んできた光で目が覚めた
澤本夏輝
あれ、なんか肩に……
肩の方を見るとあなたがもたれかかって寝ていた
澤本夏輝
あ、あなた!?
川原〇〇
スースー😴
あなたは寝息を立てながら気持ちよさそうに寝ていた
澤本夏輝
テレビ付けっぱだし
ピッとテレビを消して、改めてあなたの方を見る


これこんなにも気持ちよさそうに寝てるから起こすのも可哀想だな……


今日はラッキーなことに仕事は休みだった
澤本夏輝
なんか照れるな……
女の子にこうやってもたれかかって来たっていうのが久しぶりすぎて
澤本夏輝
このブランケットかけてくれたのかな?
俺はそのブランケットをあなたにかけた
澤本夏輝
はぁ……
澤本夏輝
綺麗な顔してるなぁ

その体制のまま1時間
澤本夏輝
まだ起きないかな?笑
(。・ω・)σ゙ ツンツン
川原〇〇
ンッ……
川原〇〇
٩( ⌯Д⌯)۶ファ~
澤本夏輝
あ、起きた?
川原〇〇
うわっ、ごめん!
川原〇〇
まさかずっとこの体制のままだった、?
澤本夏輝
ちょっとあまりにも気持ちよさそうに寝ていたから
起こすの悪いなーって思って
川原〇〇
私も昨日起こすの悪いなーって思って起こさなかったけど
私がいつの間にか寝てたね😅
川原〇〇
ごめんね
澤本夏輝
全然いいよ笑笑
澤本夏輝
じゃあご飯作るね
川原〇〇
ありがとう