無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

お見舞い 太宰&芥川
真琴
…小林、三玖…?
三玖さん 看護師
三玖さん 看護師
そう、私の名前は小林三玖
三玖さん 看護師
三玖さん 看護師
貴方のお母さんの、妹よ
真琴
うそ…
三玖さん 看護師
三玖さん 看護師
嘘じゃないわ、本当の事よ
真琴
じゃあ、なんでこんな私に優しくしてくれるんですか?
三玖さん 看護師
三玖さん 看護師
…最初は少し、真琴ちゃんことを恨んでいたの
三玖さん 看護師
三玖さん 看護師
大好きだった姉さんが、自分の子を守る為に死んだんだもの
三玖さん 看護師
三玖さん 看護師
当たり前なのかもしれないけど、私には理解できなかった
やっぱり

私の所為だ
三玖さん 看護師
三玖さん 看護師
でも病院で会った時、何でかわかんないけどね
三玖さん 看護師
三玖さん 看護師
運命だ!って思ったの
三玖さん 看護師
三玖さん 看護師
きっと姉さんは私に真琴ちゃんを託したんだって
三玖さん 看護師
三玖さん 看護師
実際真琴ちゃんはいい子だったし、守ってあげたいってすごく思うの
だからさ、きっと
三玖さん 看護師
三玖さん 看護師
姉さんもこんな気持ちだったんじゃないかな?
きっと恨んでなんかない
三玖さん 看護師
三玖さん 看護師
私も今は、真琴ちゃんの事大好きだよ…?
「大好き」

お母さんに何度も言って貰ったっけ…

















三玖さん 看護師
三玖さん 看護師
真琴ちゃん?!ごめん、大丈夫?
真琴
え…
気づくと私は泣いていた

三玖さんにありがとうって言いたいのに、声が出ない


ひたすら涙を拭う私を、三玖さんは優しく抱きしめてくれた









































真琴
ごめんなさい、さっきはキツい事言っちゃって
太宰 治
太宰 治
別に、私は何も気にしていないよ
太宰さんはそう言って、優しく笑ってくれた
三玖さんには仕事に戻って貰ったので、今病室には太宰さん、芥川君、銀ちゃんと私の4人だけだ
太宰 治
太宰 治
やっぱり、真琴ちゃんは笑っている方が可愛いね
また、太宰さんは優しく笑った
真琴
そうですか…?/////
太宰 治
太宰 治
勿論。芥川君もそう思うだろう?
芥川 龍之介
芥川 龍之介
……はい
真琴
/////
なんだか少し恥ずかしい
太宰 治
太宰 治
じゃあ、私達もそろそろ帰ろう
太宰 治
太宰 治
またね、真琴ちゃん
真琴
はい!
私は笑顔で3人に手を振った











































*:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ
作者
作者
お気に入り30達成!!!!!!!
作者
作者
皆さん、ありがとうございます!!
作者
作者
ほんとに感謝です!!(´πωπ`*)
作者
作者
で、いつか言った
作者
作者
というか、書いたので、新しい作品出します!
作者
作者
もうすぐ、多分!!!!!!!(((
作者
作者
文ストの学パロですよ〜
作者
作者
ラブコメです(`・ω・´)キリッ((何がキリッなんだよ
作者
作者
うん、まぁそちらの方も良ければ見てください〜