無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

午後8時の中島くん
中島
面談、どーだった?
あなた

うん、、、

あなた

花岡はやめろって。

中島
なんで?
あなた

やっぱり、難しいかもって。

中島
あなたは?どーしたい?
あなた

憧れだったのかな。

あなた

現実にはならないのかもね、、、

中島
大丈夫だよ、受かったら、一緒に行けるんだよ?出来るよね?
あなた

うん、、、でもね、、、

中島
パパとお兄ちゃんはなんて?
あなた

高校行くとこなくも困るからって。

中島
行こうよ、一緒に
あなた

うん、、、ありがとう、中島くんはいつも励ましてくれて、応援してくれて。

中島
違うよ、オレが、、
あなた

待ってて。よく考えるから。









中島くん、、、





今回ばっかりは、好きだけでは、ダメな気がして。







あなた

もしもし?聡?

松島
んー?
あなた

会える?

松島
うん、来いよ
あなた

うん








こんな時は、この人。




小さい頃からずっとずっと一緒だった。
きっと、なにかいい答え、出してくれる。







面談の話をする、、、





松島
なんで花岡なの?
松島
おれ、桜ヶ丘にするよ?
松島
あなたも、桜ヶ丘なんだと思ってた
松島
最近、あなたのこと、わかんないんだよな、、、
松島
思春期だから?キャキャキャ




聡、、、







あなた

もぉ、いいよ

松島
ごめん
松島
こうでもしてないと、、、ごめん、
なんとかしちゃいそうで
あなた

なんとかって、なに?

松島
こーゆーこと





と言って、聡ちゃんがオスの顔になった、、、




むぎゅーーーーっっ









あなた

聡ちゃん?!

松島
ずっと一緒にいられると思ってた。
松島
あなたも、同じ事、思ってるんだって思ってた
松島
離れてても、オレは変わらないよ
松島
・・・多分
あなた

多分?!

松島
ふふふ、、、ずっとってのも、気持ち悪いやろ?キャキャキャ
松島
お前の未来じゃん、おまえが決めろよ
松島
いつでも、こうしてあげられる腕はあるからさ
あなた

なんか、かっこ良さげな事言うね

あなた

元気になった!ありがとう











聡ちゃん、優しい♡






でも、なんであそこで、男出してきたかな?






 ↑まだ、、、気がついてません💦