無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,278
2020/01/12

第20話

20  🔪
あなたside
髙橋「よし、帰ろっか」


『うん!』
私のものをすべて買い終わったから、

今からおうちに帰りま~す!
















ガチャ
髙橋「ただいま~」


『ただいま~!』


井上「おかえり」


橋本「おかえりー」


作間「おかえり~!」


髙橋「がりさんは?」


井上「風呂」


『え~!あなた入りたかった~!』


橋本「あ~入りたかったね~。
  がりさん上がったら入ろうね~」


『うん!』


井上「がりさん早く来ないかな・・・」
蒼弥遅~い。

もう私入っちゃおうかなー・・・。
橋本「あ、あなた!?どこ行くの!?」
私は買ったばかりのものを開けて、

脱衣場に持っていく。

あ、がりさんの服ある。

ならまだ入ってるんだ。
ガラッ
『・・・!』
猪狩「わぁ!?」
ガラッ!!
『え、ちょ、?なんで閉めるの?』
猪狩「いや、俺全裸だよ!?」
『え、ダメなの?』
猪狩「ダメダメ!絶対ダメ!」
『なんでぇ』
ピピピッ! ピピピッ!
『え、なに、!』
何々。なんでこんな音鳴ってるの・・・!?

何?なんか警察来るの?

嫌だ嫌だ。なにも悪いことしてない!!
高橋「何?どうかしたの?ってあなた?」
『ゆ、優斗・・・』
猪狩「あなたこの部屋から出してくんない?」
高橋「あ、がりさんまだ着てないやつ?」
猪狩「着てない」
高橋「了解。ほらあなた。出るよ」
『なんでぇ~』
高橋「まぁまぁ」
ヒョイ
優斗が私を抱き上げる。
ガチャ
『ねぇー。お風呂ー』


高橋「がりさん来てからね」


『あなた寝る~』


高橋「お風呂入ってから寝て?w」


『優斗ーー』


高橋「はいはい」