無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

741
2021/06/30

第6話

出 来 て る 、 ?
勝利side




今日は撮影の後にバラエティーの収録か、




今日はいつもより早く帰れそう




なんて思いながら楽屋のドアを開けようとした




勝利「おはy…」




でも俺は普通に開けれなかった




少し開いた隙間から見える楽屋の光景は




ふまけんがキスをしている光景だったからだ




勝利「…」




聡「あ!勝利おはy(」




勝利「聡!しーっ!」




聡「え?笑なに?笑




勝利「聡、ちょっとこっち来て」




聡「どうしたの?」




勝利「落ち着いて聞いてね?」




聡「怖いよ、笑」




勝利「もし、ふまけんが付き合ってたらどうする?」




聡「えー、…えぇぇぇぇ!?!?」




勝利「実はさ、今ふまけんがキスしてるとこ見ちゃったんだよね、」




聡「どういうこと、?え、?」




勝利「風磨くんが健人くんの頭に手を置いてて…」




聡「そうなんだ、あそこは出来てるのか、」




聡「僕全然気づかなかった、」




勝利「俺もだよ笑」




勝利「でもよく考えたら前もキスしたって言ってたじゃん?」




聡「え?そうなの?」




勝利「あ、そっか、その時聡居なかったんだ」




勝利「お酒の勢いで風磨くんが健人くんにキスしたんだって」




聡「えぇぇぇぇ!!」




勝利「これはもう応援するしかないよね、」




聡「これって本人達に言う?」




勝利「見ちゃったし、言ってもいいんじゃない?」




聡「そうだね、じゃぁ行こっか、笑」




勝利「うん笑」