無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

悪夢と昼夢の世界への誘い
真夜中のクリスマスの子供たちが眠る頃、

突然月が満ちてお空に大きなオーロラが現れました。す

るとそこに虹色をした雲が現れ不思議な髪をした女の子

が目を覚ましました。

光の反射で目が覚めた子供たちはそっとカーテンを広げ

るとピカっと眩しくなりました。子供たちは目を開くと

そこには一人の女の子が座っていました。子供たちの中

にいた一人の男の子はそれに気づいて声をかけました。

「ねぇ?君は・・・誰?一緒に遊ぼうよ!」すると女の子は

目を覚まし「ふぁ〜。・・・あれ?君たちダメよ!ここに来

たら・・・」そう言うとウトウトとしながら女の子は虹色の

雲を細く巻いて専用の針に通しました。