無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

21

(先生)「はーい、並んで!」

始まっちゃったよー…、相変わらず運動神経抜群なユイは動き回ってる。すごいなー、私なんて居ても役に立てないんだけど…。


(ユイ)「はい!パス!」


あなた「ちょっ…!困るよ!」


(ユイ)「行けるよ!行ってみ!」


あなた「もーう…」



またユイが無茶振りしてくる。ゴールなんて入らないってば…って思いながら必死に投げたボールはもちろんゴールには入らず。

ドンマイ!って叫びながら飛び込んできたユイが代わりにゴール。カッコいいなぁ、こうやってゴールできたらなー。無理だけど。

私たちのグループが休憩してる間、今度は男子グループの練習試合が始まった。

(ユイ)「ガンバレーー!マサキいける!いけ!」


あなた「わー入った!すごい!」


(ユイ)「ナイスー!さすがマサキ!」


男子グループは激しくて怖いけど応援するのは凄く楽しい。マサキはもちろん、バスケ大の得意で、さっきから点数を入れまくっている。