無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,366
2018/03/23

第42話

相「はー、おいしかったです

ごちそうさまでした

ありがとうございました」










雅「いやいいよいいよ全然w」










相「今度絶対ご馳走します!

こんなオシャレなお店ちゃいますけど、」










雅「あははw

そんなの気にしないでいいよ

あなたが好きなところなら多分俺も好きだと思うし」










相「ありがとうございます!」










雅「その今度を楽しみにしてるよw

今日はありがとうね

家まで送るよ」










相「いや!

大先輩にご馳走してもらって、

送ってもらうなんて、

罰当たりますよ

私は先輩に送ってもらえるような

立場ではないですから1人で帰ります

今日はほんまにありがとうございました!」










雅「そう?

じゃあ、気をつけてね!

今日は楽しかったよ!」










相「はい!さよなら!」










あとはあの7人に説教して終わりやな