無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

🤍


『それで…涼太さんは…』


深「生きてるよ…」



良かった…
生きてたんだ…



深「でも…今はどこに居るか分かんないけど」



『…そうなんですね…』



深「あの日から翔太は自分を責めて人と関わらなくなった」


深「それから…雷が鳴ると涼太を思い出してパニックになるようにも…」


そう言って悲しそうに下を向く


深「あなたちゃんを殴ってしまった翔太は本当に悪いことをした…」


深「でも…捨てないであげて欲しい…」


"お願い…"っと言って私に頭を下げる


『大丈夫です。明日翔太に謝ります』


深「うん。ありがとう…」


♬︎〜♬︎〜


ふっかさんが軽く私に笑いかけた時
ふっかさんの携帯が鳴った







.