無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

阿部さんが居ない飲み会
2,005
2022/04/07 00:15


SnowMan-阿部「かんぱーい」










どうも、SnowManのマネージャーです。









みんなで呑みに来てます。









みんな、あの姫(阿部亮平)に振り回されている。










俺はなんにも思ってないんだけど










メンバー同士でバチバチらしい。









てかバチバチ。










仲良しは仲良しなんだけどね。










『今日、阿部さんは?』








岩本「あークイズ部のメンバーで集まるんですって」










目黒「ずるいっすよね」








ラウ「この間、本高くんがいた時その後こーじくんが抱きしめてもらってた」









向井「それはええやん」









目黒「良くない」









佐久間「てか、その話初耳なんだけど」









渡辺「そうだぞ。聞いてない」









向井「そんなこと言うんやったら佐久間くんドライブ行ってたやん」









佐久間『まぁ……ね』








深澤「いいな~ずる」









宮舘「ふっかはいいじゃん。阿部が前に甘々になってたし」









深澤「その後、夜家行ってただろ。阿部が好きなゆり組っていうのを使って」









ゆり組「それは……そうだけど」









ラウ「照くん、映画決まった時阿部ちゃんとなんかいい感じだったよね」









岩本「まぁそうだな」









目黒「なんかずるくないですか?」









この話、ずるいとかずるくないとかあるの。









ラウ「また今度のoffの時、阿部ちゃん誘おうかな」








向井「ダメやで。だったら俺だって誘いたいんやもん」








目黒「とりあえず順番的にラウか俺。後、ラウには悪いけど次のoffはもう予約済み」










ラウ「さっきまで仲間だと思ってたのに」








目黒「ごめん。でも、阿部ちゃんを他の人に渡したくないんだ」








なんか、かっこいいな。









佐久間「カッコつけてんじゃねぇーよ」









目黒「つけてないっすよ」









『はぁ……どんだけ好きなんだよ。阿部さんの事』









SnowMan-阿部「大好きだよ!」











阿部さんが居ない時の飲み会は









だいたい、こんな会話から始まります。









その後、阿部さんを語って、マウントを取って








色々と。








もう、こんなことにも慣れました。