無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第61話

幼 馴 染 は 人 気 者


待って、でも



ユンギ先輩が出る種目聞くの忘れてたああああー






大失態。



まあ、3年男子が出られる種目だけは真剣に見ることにします。((え





アナウンス
初めの種目は、1年男子の200メートル走です



あ、ちょんが出るんじゃない??



アナウンス
選手が入場します


先頭にはちょんが見えた。

ヨジャ
キャー
ヨジャ
グクくーん!!



ちょんはほんとにすごい人気…((お前もだ



見つめてると、目が合った。





グク
グク
👋
あなた

!?

あなた

👋




手を振ったらヨジャ達が嫉妬するでしょおおおお


とかいいながら振り返すけど←






わかっててやってるよね、

イタズラした子供みたいな笑顔でこっち見てくるんだからさ









ちょんは安定の1番で走り終わりました☆






退場したちょんが満面の笑みでこっちに近づいてきた。



その笑顔ちょっとホラーだよ((