無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

嫉妬①
これは、帰り道での話…






































…これが嫉妬かぁ
杏奈
え?
わざとじゃないって分かってるんだよ
杏奈
…うん
先生に押し倒されてる杏奈見て、なんか、嫌だった。すごく。
杏奈
うん
気づいたら、先生引き剥がして杏奈に抱きついてた…
杏奈
びっくりしたけど
ごめんね?
杏奈
全然大丈夫だよ
みんなにめっちゃ見られたよね〜
杏奈
だね、視線感じたもん
…今日も家に誰もいないから安心して?
杏奈
どんな安心…


ふたりは笑いながら歩いてた









































裕太
なぁ夏恋ー?
夏恋
なに、裕太
裕太
…さっき、隼すごかったな
夏恋
うん
裕太
…なんか、今日そういうの多いな
夏恋
ん?
裕太
先生がキスしたのかーとか手繋いだのかーとか
夏恋
…うん
裕太
…あの、あと、その先はーとか
夏恋
裕太…いいよ
裕太
えっ
夏恋
うち来る?
裕太
かれん…
夏恋
…裕太なら、いいよ


















































4人はそれぞれの夜を過ごした

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ソルトサン
ソルトサン
💥LOGOUT💣 👋GOODBYE💔
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る