プリ小説

第15話

こんなことがあったような
おまたせー
( )
うん!
そういえば、あなたって家どこだっけ?
( )
えっとね、隼とぶつかった駅の歩いてすぐのとこ
あー、
( )
ぶつかったとき、実は隼だって気づかなくて…
…僕も、あなたって、わかんなかった…











隼の言葉が途切れ途切れに聞こえた。







なんでだろ…


















僕は、あなたの駅の一個先かな?結構近いよね
( )
ほんとにっ?!じゃあずっと一緒に帰れる!
うんっ!













よかった、









隼いつも通りだ。
















( )
うそ…この時間なのにめっちゃ混んでる…
あなた、ちょっとこっちおいで
( )
う、うん…










その瞬間、隼に腕を引かれて、










( )
っはやと…?
人が、減るまでね…。このままで、いい?
( )
うん…












また人にぶつからないように守ってくれてるんだ…
















あれ…











なんか、前も、

















こんなことがあったような…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ソルトサン
ソルトサン
💥LOGOUT💣 👋GOODBYE💔
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る