無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

奇跡2
私は、もう会うことなんてできないと思っていた…
けれど、そんなある日

?:ねえねえ、そこの君!
もしよかったら、モデルとか女優のお仕事
やってみない?

私:私がですか?

?:そうだよ!
僕は、阿部って言います。
○○事務所って言うところで、働いてます。

私:○○事務所ってあの
人気女優や俳優さんがいるところじゃない
ですか!

阿部:そう言ってもらえると、嬉しいよ!
で、チャレンジしてみないかい?
もちろん、親御さんには、僕から、
説明するから!

私:せっかくのチャンスなので、
やりたいです!

阿部:それは、よかったー!
じゃあ、まず、親御さんに
許可を貰わないと!


そして、2日後私の家に阿部さんが来てくれた

私はこの時知らなかった…