無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

#4
あなた宅
あっくん
大丈夫かな?
のんちゃん
大丈夫やろ。
ー ピーンポーン ー
望が押し、奥から聞こえる足音。近づいてきた
ー ガチャ ー
あなた

流星
きたで〜!
ー バタン ー
あっくん
え、おいっ
 しーん となった空間に照史の声だけが響いた
扉を叩いてみる
のんちゃん
あなたー?望やで〜?神ちゃんもおるで?
流星
ど〜した〜?
だんだん聞こえなくなる足音
あっくん
とりあえず、今日は帰る?
のんちゃん
そう…やな…しゃあない
ー あなたside ー
眠たい。寝よう。って思ってた時に

ー ピーンポーン ー

え?誰かな?
ー ガチャ ー
あなた

流星
きたで〜
ー バタン ー
びっ、くり…した
閉めたすぐあとに
照史の声_____
あっくん
え、おいっ
ごめんね。照史。
のんちゃん
あなたー?望やで〜?神ちゃんもおるで?
その声に思わず扉に手をかける私。
ハッ と我に返り玄関から離れた
神ちゃんに会いたいな…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Minto
Minto
やっほぉ〜! Mintoです!仮名だから本名ではない! みんとって可愛いよね。 いま、ジャニーズWEST書いてるからぜひ見てね!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る