無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7

学校が始まって3日ほどたったある日、俺の友達が俺が気になってたことを話しに来た















「俊也の隣の女子、一回も学校来てないよな」


{確かにー}










俺も気になってるんだよな、
















体調をくずしてるのか、たんなる不登校なのか、それとも事情があるのだろうか.


一回くらい、会ってみたいな.