無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第89話

No.87


昨日、結局廉くんと会えなくて…




颯人が現れてあんなこと言われて…




いろいろ考えてるとあんまり眠れなかった




廉くんから連絡はなくて、結局何も変わらない。




わたしは重い体を起こして支度をして






迎えに来てた井上さんの車に乗る




(なまえ)
あなた
おはよう…
井上さん
えっ?
元気なくない?
なんで?
どした?
昨日の元気はどこ行った?



井上さんはわたしの様子を見て




びっくりして質問攻めしてくる




(なまえ)
あなた
昨日、結局廉くんと会えてなくて…



窓から薄暗い朝の景色を見つめながら話す








昨日廉くんに会えなかったこと



颯人がわたしに会いにきたこと



井上さんに話した




井上さん
大変だった…ね。
颯人さんがくるなんて。
それに永瀬さんと会えてないのか。
でも、きっとまた連絡くるよ!
次はちゃんと会えるようにしな!



井上さんは笑顔でわたしを励ますように話してくれる





わかってる。



また誘ってもらったら会えばいい




わかってる…けど…



次がないような気がして



何だろ、近付ける気がしたのに



またどん底に落とされた気分だった



勝手にわたしが思ってるだけだけどね…



(なまえ)
あなた
そうやんな! ニコッ
早く会いたいな〜♡笑



井上さんにこれ以上迷惑かけたり心配させたくなくて



無理に笑って話してみせた




さっ!仕事頑張ろ!!!









朝の仕事を、無事に終えて次は紫耀くんとの



映画の撮影か…頑張らないと!ちゃんとしないと!



紫耀くんにも迷惑かけたくないし






(なまえ)
あなた
おはようございまーす!!!



スタッフ
「おはようございます!!」




現場に入って挨拶をして今日の段取りを聞く




平野 紫耀
平野 紫耀
おはようございまーす!




そうしてると紫耀くんが来て挨拶をして




わたしの横に座る




(なまえ)
あなた
今日も頑張ろうねー! ニコッ
平野 紫耀
平野 紫耀
無理して笑わなくていいよ…


笑顔でわたしが話しかけると紫耀くんは



冷静に落ち着いた様子でつぶやいた




(なまえ)
あなた
えっ…
平野 紫耀
平野 紫耀
笑顔がぎこちない。
いつものあなたちゃんは
そんな不安そうに笑わないから… ニコッ
最近やっぱりなんかあったんでしょ?

--------------------紫耀side--------------------


俺はあなたちゃんがどう思ってるのか、


どうしたいのか知りたくて、


昨日のことを廉から聞いたと言わずに


廉のことで悩んでるってことも触れずに


何も知らないふりして聞いてみた


--------------------------------------------------