無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第127話

127話 敵意



それだけじゃない。




犯人の話だってしてない。



もう自分の意見を言うのも嫌だった。




何を言っても、嘘ついてる気分になって、

嫌になる。





でもだからといって、

本当のことは言えない…







永瀬  You
永瀬 You
はぁ……
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
どうしたんですか?
永瀬  You
永瀬 You
うわっ!?
永瀬  You
永瀬 You
ら、蘭さん…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
大きなため息でしたね?
永瀬  You
永瀬 You
すみません、聞こえてたんですね…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
こちらこそすみません、盗み聞きするつもりは無かったんですけど…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
どうしたんですか?
この家で困ったことでも?
永瀬  You
永瀬 You
まさか!贅沢すぎて、
私には釣り合わないというか…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
そんなこと無いですよ
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
でもどうしたんですか?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
ため息の理由私で
よければ聞きますよ?
永瀬  You
永瀬 You
あぁ…
永瀬  You
永瀬 You
違うんです、
私ため息するのがクセで…‪w
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
そうなんですか?
永瀬  You
永瀬 You
はい、よくこうやって
勘違いさせてしまうんですよね‪w
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
へぇ〜…



きっと嘘だってバレてるんだろうな…

と思った。




そして私は、1つ違和感を覚えた。






東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
なら、友達になりません?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
私も、あなたさんのこと
知りたいですし
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
色々と
永瀬  You
永瀬 You
確かにいいですね!
永瀬  You
永瀬 You
私も蘭さんのこと、
色々知りたいので!


友達になろう。

と明るい話をしてるのにも関わらず、

この、女子特有のギスギスした雰囲気…というか…



凄い敵視されてる気がする。






だって、蘭さん、

口は笑ってるけど、目は笑ってない。





この人はやばい…





と、私は一瞬で拒否反応を示した。





永瀬  You
永瀬 You
あっ、そうだ!
私海人と出かけようって言ってたんだ
永瀬  You
永瀬 You
蘭さん、すみません…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
いいえ、大丈夫




そして私は走って戻った。





別に海人と出かける

約束なんてしてないけど、

このまま1人でこの人の近くに居るのは、

少し嫌だった。





海人には悪いけど、口裏合わせてもらおう。























コンコン




海人
海人
はーい?
永瀬  You
永瀬 You
あっ、ちょっといい?
海人
海人
あっ、あなた!
海人
海人
さっきはごめんね?
永瀬  You
永瀬 You
ううん、大丈夫
永瀬  You
永瀬 You
それよりちょっと…
海人
海人
ん?





そして私は、海人を外に連れ出した。










海人
海人
えっ?えっ!?どうしたの!?
永瀬  You
永瀬 You
いや、外行ったときに
蘭さんと会ってさ
海人
海人
えっ、マジ?大丈夫だった?
永瀬  You
永瀬 You
大丈夫だから
今海人の横にいるんだけどさ
海人
海人
あ〜‪wそうだよね‪w
永瀬  You
永瀬 You
友達になろって言われた
海人
海人
へぇ〜…何か危険っぽいね
永瀬  You
永瀬 You
うん…めっちゃ敵意感じた
永瀬  You
永瀬 You
それで海人と出かける約束あるって
言って、逃げてきた
海人
海人
あぁ、良かった良かった
永瀬  You
永瀬 You
怒らない?
海人
海人
怒る訳ないよ!俺としてもあなたと
出かけられるの嬉しいしね!
永瀬  You
永瀬 You
そっか‪wなら良かった…
永瀬  You
永瀬 You
あのさ、協定組んでる者として言うけど、今回の旅行中で、少なくとも蘭さんが何を企んでるのかは知りたいの
海人
海人
うん、まぁそれは俺も気になる
海人
海人
でもさ、出来るだけ1人にはならないでね
海人
海人
危険だから
永瀬  You
永瀬 You
うん。分かった
海人
海人
あとは、あの人と2人っきりにも
ならないこと
永瀬  You
永瀬 You
うん…
海人
海人
じゃあ戻ろ!



そして私達は、御屋敷へと戻った。