無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7
次の日の朝
貴方
貴方
行ってきまーす
理鶯
理鶯
どこへ行くんだ?
貴方
貴方
大学行ってきます!
理鶯
理鶯
む。
そうか。
気をつけて行くといい。
貴方
貴方
はーい
大学にて
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
おはよう!!
あなた!!
貴方
貴方
あー、おはよう…
眠いねぇ…
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
また大学休んで…サボったな!
貴方
貴方
えへへ〜…
まあそんなところかなー…
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
ノート渡すから!
ちゃんと単位取ってよね!
貴方
貴方
はーい
そんなことを話しながら、講義室へ入っていか、授業を聞く















昼食の時間
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
今日、授業ないから帰るね!
貴方
貴方
あ!
あたしも、もう無いよ!
どこか食べに行かない??
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
いいねぇ!!
そんな話をして大学の門まで歩いて行くと…
大学生
大学生
ねえ、あの門にいるのって…
大学生
大学生
見たことあるよね…??
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
何か騒がしいね…
貴方
貴方
うん、なんだろう…
大学の門まで近づいていくと…
左馬刻
左馬刻
てめえ、左馬刻さんだろうか。
いいかげんにしろやクソが。
一郎
一郎
うるせえんだよ。
左馬刻。
俺は、この大学に用があんだよ。
さっさとどこか行けよ。
左馬刻
左馬刻
あァ??
てめーこそ邪魔なんだよ。
俺様もここに用があんだよ。
邪魔すんなや。
大学生
大学生
あれって…
buster brosの山田一郎じゃない!?
大学生
大学生
あと、 MAD TRIGGER CREWの碧棺左馬刻じゃない!?
皆がキャーキャー言ってる時
左馬刻
左馬刻
誰が左馬刻だ!!
左馬刻様だろうが‼︎‼︎
貴方
貴方
……うーわ…
早く行こう、早苗。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
う、うん…
知り合い…?
貴方
貴方
いや違います
バレないようにこそこそしてると…
一郎
一郎
おい!!
巴坂あなた!!
貴方
貴方
Σ‼︎‼︎
後ろから大きな声で名前を呼ばれたあなた。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
ね、ねえ、…やっぱり知り合い…?
貴方
貴方
い、いやそうじゃなくて…
一郎
一郎
おい、なんで無視するんだよ。
貴方
貴方
い、いやーどちら様かなーって……
一郎
一郎
昨日会っただろ。
千代…
貴方
貴方
ああああああ‼︎‼︎
そうでしたねえ‼︎‼︎
はいはい‼︎‼︎
うん‼︎‼︎会いましたね‼︎‼︎
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
???
左馬刻
左馬刻
おい、てめえ。
なに話してんだよ。
貴方
貴方
うげ‼︎
左馬刻さん…‼︎
左馬刻
左馬刻
んだよその言い方。
貴方
貴方
つか二人ともなんでここに…‼︎
ああもう…人の目が怖いし…と考えるあなた。
貴方
貴方
早苗ごめん!!!
ご飯食べに行くのまた今度‼︎‼︎
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
あ、うん!
いいよ!
貴方
貴方
ちょっと二人ともこっちに来て‼︎‼︎
二人の手を引っ張って人気のないところへ行くことに。
貴方
貴方
どういうつもりですか‼︎‼︎
てかなんでここにいるんですか‼︎‼︎
あたしの大学知らないのに‼︎‼︎
一郎
一郎
いや…俺はたまたまあなたがいたから声かけようかなって…
貴方
貴方
なにしてたの一郎さんは…
一郎
一郎
あの、敬語なしでいいぜ。
さん付けはちょっと違和感がある。
貴方
貴方
あぁごめん一郎。
でもなんでここに…?
一郎
一郎
まぁ…どうしてんのかなって思って…
貴方
貴方
どうもしてないよ??
あたしは普通に大学いってるから…
左馬刻
左馬刻
ストーカーじゃねえか。
一郎
一郎
は??
左馬刻
左馬刻
あなたがいたからって大学までくるなんざ、ただのストーカーだろ。
一郎
一郎
てめえ!どういうことだよ!
そういう左馬刻はなんでここにいんだよ!!
左馬刻
左馬刻
別に俺は監視役だ。
こいつのことが知りてえだけだ。
貴方
貴方
そっちこそストーカーじゃないですか。
左馬刻
左馬刻
アァ⁉︎
この左馬刻様が直々に監視してやってんだから感謝しろよ‼︎‼︎
ぶっ殺されてェのか。
〜♪


ケータイの着信音が流れた



左馬刻のケータイみたい。




左馬刻は電話を開き、電話に出る。



すると



グイッ

貴方
貴方
へっ!?
一郎
一郎
今のうちに行くか!
貴方
貴方
ええええ!?
ちょっと!?
あなたは一郎に引っ張られ、走ってその場から離れた。




そのころの左馬刻
左馬刻
左馬刻
あァ…わりぃな。
あぁ…
わかった。
じゃあな。
電話を切り、辺りを見渡すと、あなたと一郎がいなかった。
左馬刻
左馬刻
…あんのクソが‼︎‼︎
左馬刻は、あなたと一郎を探すことに。









貴方
貴方
ハアッハアッ…
ちょっと一郎…疲れちゃった…
一郎
一郎
まあここまでこればいいだろ…
貴方
貴方
一郎…早すぎるよ…
疲れちゃった…
一郎
一郎
あぁ、悪りぃ。
怪我とかは大丈夫か?
貴方
貴方
うん、大丈夫だけど……
チンピラ
チンピラ
おーおーお前ら!!
こんな所でなにやってんだよ!
貴方
貴方
!!
一郎
一郎
ちっ。
どこかのチンピラ野郎か…
ヴォォン
一郎
一郎
やるしかねぇか。
相手がマイク持ち始めた。
貴方
貴方
え、ええ!?
ここで!?
チンピラ
チンピラ
かかってこいよ!!!
一郎
一郎
あぁやってやるよ。3対1なら余裕だろ。
あなたは下がってろ。
貴方
貴方
え、で、でも…
そうするとラップバトルが始まった。