無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

んー??何のことかな?えーすくん???
こうして長い1日は幕を閉じたのであった…







































































とでも思った?
炭羅 望美
え''ーすくん''!!
炭羅 望美
怖いぃ…
エース・トラッポラ
(あ、そうだ…ノゾミ暗闇恐怖症だった…)
エース・トラッポラ
はいはい、今あかりつけるから
ぱちっと部屋の電気をつける
ノゾミは涙目だった
炭羅 望美
うう…寝れない…
エース・トラッポラ
ノゾミ、今までどうやって寝てたのww?
炭羅 望美
電気つけてた…
エース・トラッポラ
じゃあ、付ける?
炭羅 望美
やだ、エースくん寝れなくなっちゃう
エース・トラッポラ
別に俺はいいけど…
炭羅 望美
やだ、エースくんと一緒に寝る!
エース・トラッポラ
はぁ!?
炭羅 望美
駄目…?
エース・トラッポラ
う…
涙目で言わないでほしい…と顔に出すエース。
エース・トラッポラ
わ、わかったから…もう泣くなよ…
炭羅 望美
わーい!推しと寝れる!
エース・トラッポラ
それ目的じゃないよね???
炭羅 望美
んー何のこと〜??
エース・トラッポラ
(絶対、推し目的じゃん。完璧にやられた)
炭羅 望美
まぁ、そうだとしても、暗闇が怖いのは事実だけどね
炭羅 望美
じゃあ、電気消していーよ
炭羅 望美
誰かと寝てれば怖くないし
エース・トラッポラ
んーおやすみ…
とか言ってエースはベットにいるけど、結局ノゾミが隣にいるせいで、緊張して寝れなかった