無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

嘘が33個
NOside   




ここは遊廓


遊廓で噂はたえない




特に、下働きの禿などは噂話で盛り上がる
禿
ねぇ、知ってる?
禿
なにが?
今も、京極屋の禿が話している
禿
蕨姫花魁のお世話係になった人のこと
禿
ええ!花魁のお世話係?!
禿
その子、大丈夫なの?
蕨姫花魁…京極屋の花魁だがかなり気性が荒く皆怖がっているのだ
禿
それが、花魁のお気に入りみたいで可愛がってもらってるって
禿
あの人が…?
禿
すごい美人らしいよ
禿
へえ…
蕨姫花魁
蕨姫花魁
あんた達、何を話してんの?
禿
お、花魁…っ!
蕨姫花魁
蕨姫花魁
仕事もろくにできないわけ?
禿
す、すみません!
禿は顔を青くさせ、震えていた




you
you
花魁、お化粧をなおしましょう
そんな彼女達に助けが入った



蕨姫花魁
蕨姫花魁
そうね…あんた達、さっさと仕事をしなさい!
禿
は、はい!