無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

965
2020/05/31

第22話

21
藤井side












今日も、仕事の時淳太たちにいじめられた。











俺、どうすればええんやろう。













いつまで耐えればええん?













てか、こんな人間死んだところで誰も悲しまないやろ。














”死にたい”












服の袖をめくる。













そこには、学生時代にしてたリスカの跡。











リスカをすると、生きてるって感じられるから気持ちええねん。












棚からカッターを出す。












そして、手首をスーッと刃でうっすら傷つける。
藤井流星
藤井流星
気持ちいい.......俺、生きてるんや.....













昔やってた頃の感覚を思い出し、またやりたくなって、リスカをした。














ほんまはこんなことしたくないねん。












こんなことやってるなんて、メンバーに気付かれたらきっと、ただことではない。











でも、リスカをやってしまう。













次の日も、またその次の日も、













毎日家に帰ると、気付けばリスカをするようになってた。











ご飯も1日1食しか食べてない。












日によっては、1食も食べない時もある。











こんな俺、なんか情けなくなってくるよな。