前の話
一覧へ
次の話

第9話

NINTH DAY
気づいてしまった。

こういうの、嫌いじゃない。
あなた

おいひぃ…っ……!

康史の友達
じゃ、こうたーい。
康史
僕のも、美味しい?
突っ込みながら言った。
あなた

おいひぃ……ですっ………

康史
ちがう。『ご主人様』でしょ?
あなた

はい……っ……
ご主人様……ぁ…っ………

康史
ほらっ、美味しいって言って?
あなた

おいひぃですっ……ご主人様……っ……

こんなの羞恥プレイだ。
でもきもちいい。
康史の友達
ご主人様って………すげぇなw
だんだん、肉棒に溺れて行った。
<続>