無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

第5話
121
2020/06/21 08:30
横山裕
横山裕
たす…け…て、
大倉忠義
大倉忠義
横山くん、落ち着いて!
村上信吾
村上信吾
深呼吸や、
渋谷すばる
渋谷すばる
ゆっくりやで
丸山隆平
丸山隆平
大丈夫やから、
バタン!
マネージャー
マネージャー
横山くん!?
錦戸亮
錦戸亮
マネージャー!
大変です!
マネージャー
マネージャー
うん。ヤスから聞いた
マネージャー
マネージャー
横山くん!
横山裕
横山裕
マネ…ジャ…
マネージャー
マネージャー
一旦落ち着いて、
マネージャー
マネージャー
ゆーくり
マネージャー
マネージャー
息吸って、
横山裕
横山裕
スぅー
マネージャー
マネージャー
吐いて、
横山裕
横山裕
フゥー
マネージャー
マネージャー
ちょっと、横山くん連れていくから、
マネージャー
マネージャー
みんなはココで待ってて。
錦戸亮
錦戸亮
はい…。







そしてマネージャーに支えて貰いながら出ていった。







in楽屋






渋谷すばる
渋谷すばる
なあ、ヒナ。
渋谷すばる
渋谷すばる
ヨコからなんも聞いてへん?
村上信吾
村上信吾
聞いてないで?
安田章大
安田章大
どうしたんやろ…横山くん
大倉忠義
大倉忠義
辛そうやったな…。
大倉忠義
大倉忠義
さっきも。
LIVEでも。
丸山隆平
丸山隆平
うん。そやな…
大倉忠義
大倉忠義
ココ最近ずっと元気なかったし。
村上信吾
村上信吾
ほんまにどうしたんやろ?
何かあったんやんな?
錦戸亮
錦戸亮
うん。
何かしらの事がないとあんなに辛そうにしてない、
大倉忠義
大倉忠義
なんで言ってくれへんかったんやろ?
丸山隆平
丸山隆平
なにか言えない理由があるんやない?




しばらく、話し合っていたが、


誰にも分からなかった。

















ただ1つ分かったのは




横山がかかえている物は
そう軽くはないと言うことだった。














そして、横山くんが帰ってきたが





なんにも言わなかった。
錦戸亮
錦戸亮
ねぇ横山くん…
横山裕
横山裕
さっきはごめんね。
横山裕
横山裕
ちょっと疲れたから
帰るね、ごめんね
横山裕
横山裕
お疲れ様




バタン







村上信吾
村上信吾
やっぱりボクらには言われへん事なんや…
大倉忠義
大倉忠義
でも、どうにかして解決しないと
大倉忠義
大倉忠義
横山くん壊れてしまうよ…
渋谷すばる
渋谷すばる
そうやな…







そうしてなんにも解決しないまま、








次の日になって



LIVEが始まった。