無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

886
2020/08/10

第3話

2話 えぐぅside
えぐぅside
えぐぅ
えぐぅ
お邪魔しました!
たろり母)また来てね拓也くん、裕一郎くん。
うめめ
うめめ
いえいえこちらこそ
うめめ
うめめ
お邪魔しました。
たろり
たろり
じゃあねー!
えぐぅ
えぐぅ
おう!また明日学校でな!
どうも拓也こと江口拓也です!
えぐぅ
えぐぅ
でさ~~~~
うめめ
うめめ
へぇふふっ
俺と裕一郎とこーたろーは小学校からの幼なじみで中学生になった今でも仲良くしている
でも、、、、
えぐぅ
えぐぅ
お前、まだこーたろーの事好きなのか?
うめめ
うめめ
うん。なにがあろうがそれは曲げない
えぐぅ
えぐぅ
そうか、、、。まあ頑張れよ。
裕一郎がこーたろーの事好きって言いはじめた。
前まではみんなで仲良くしてたのにこーたろーが休んで二人で帰ってたとき裕一郎が言った
俺はなにも言えなかった。
うんとしか言えなかった。






でもそのあとしばらくこーたろーと話したら俺もこーたろーの事が好きになっていた
だから俺は裕一郎に隠している。






































もし言ってしまったらこの関係が崩れてしまうから
落ち着くこの関係を壊したくはないから