第18話

じゅーろく
969
2021/06/30 08:08
それからも少し話していると、私の駅に着いてしまった。
あなた
あー…着いちゃったな…
角名倫太郎
角名倫太郎
ん、…また明日
あなた
うん、また明日!バイバイ!!
私はホームにおりて、耳にイヤホンをさす。


お気に入りのプレイリストをかけ、スマホをジャケットのポケットに突っ込んだ。


地味めな色の傘を開いて、ゆっくりと外に踏み出す。




若干リズムに乗りながら、ゆっくりと帰路に着いた。


家に着くと、まだふわふわした様な気持ちで寝る用意を始める。



それも一通り終えて、課題に取り掛かる。



数学……分からんッッッ


そもそも頭の中はすなりんだけで、課題できるような状況とちゃう!!




なんやねんッッッ相合傘ってッッッ←アンタです


ヤバいやん……



めっさ距離近かったぁぁぁ




………よし、次の雨の日を待とうではないか(((



私は無言でてるてる坊主を作り、それを逆さまにして部屋に吊るしておいた笑
あなた
んーこれでよしっと…
課題どうしよ…別に今日やなくてもええしやらんどこかな



すると、ものすごーくタイミングよく、携帯のバイブ音がなった。


私は相手の名前を見ると、すぐさま手に取った。
あなた
はい、もしもしー
??
もしもし、あなたか
あなた
うん!信くん久しぶりやね〜
北信介
北信介
久しぶり。最近どうや?
あなた
ん〜いい感じ!笑
信くんは?
北信介
北信介
俺はいつも通りや
あなた
そっかー!で、今日はどないしたん?
北信介
北信介
せや。よかったらあなた、明日バレー部見学して行けへん?
あなた
…え?

プリ小説オーディオドラマ