無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

.



あなたside



家の中を案内してもらいながら2人で話していると

同い年だから敬語は禁止ね!なんて言われてしまった

颯太くん改め…颯太はちょっと天然っぽいというか

フワフワした感じがするけどすごく優しくて話しやすい










颯太「あなたはどうして日本に来たの?」





『芸能活動のためだよ。明日その事務所に行くの。』





颯太「そうなんだ!なんて事務所?」





『ジャニーズ事務所ってところなんだけど
 場所とか全然分からなくて……』





颯太「え、ジャニーズって言った………?」





『うん、ジャニーズ事務所だよ。颯太どうしたの?』





颯太「………………なんでもない、よ。
   俺も実は明日そこ行くから一緒に行こっか」





『本当に?すっごく助かる!』





颯太「うん…」










私たちが話していると颯太ママの声に呼ばれた

どうやら夜ご飯の準備ができたらしい

友達の家へ遊びに行っていた颯太の妹も帰ってきて

内村家4人に私を加え、5人でご飯を食べる

颯太の表情が曇ってたのは気のせいだよね…?