無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

【一小節目 消えた秘密のノート】-11
そんな神経をすり減らす日々は一週間ほど続き、いまだにノートは見つからないものの、時間とともに私は平穏な気分を取り戻していった。
悪意ある人の手に渡ったなら、そこから友達同士で共有されて持ち主探しがはじまって……なんて恐ろしい事態も覚悟はしていたけれど、そんな気配はまったく感じられない。
きっと、良識ある人が拾い、自分だけで楽しんでゴミ箱に捨ててくれたんだ。いや、そもそも読んですらいないかもしれない。
そう思いたい。そうに違いない。
女子高生の心の内をつづったポエムなんてミサイルの発射ボタンより触れちゃいけない存在。
それをバカにしたり、ましてや誰かに見せたりなんて、ヤクザやテロ集団でも躊躇するだろう。

月曜日の気だるい空気もなんのその。私は晴れやかな気分でお弁当の卵焼きを口に運んだ。
今日の卵焼きはいつもよりしっかりダシがきいていておいしい。
桂木香澄
桂木香澄
あ、そうだ! 遥にオススメの曲があるんだけど
机の向かい側でお弁当を食べていた香澄は、思い出したようにハシを置いてスマホを取り出した。
櫻井遥
櫻井遥
ボカロ曲?
桂木香澄
桂木香澄
うん、そうそう。二日前、スマ動にアップされたばかりの新曲なんだけどね。もうすでに十万回以上も再生されてる人気曲なの
ボカロとはボーカロイドの略。歌詞とメロディーをソフトウェアに入力すると、歌い上げてくれる音声合成システム。スマイル動画、略してスマ動などの動画投稿サイトでは、ボカロで作られた数多くの楽曲を聴くことができる。
香澄がオススメしてくる音楽といえば、たいていアニソンかボカロ曲だ。私はアニソンなら有名どころはわかるけど、ボカロはあまり詳しくないので、彼女から教えてもらって流行りの曲を知ることが多い。
桂木香澄
桂木香澄
ほら、遥って数日前ちょっと人生に悩んでる感じだったじゃん? たぶんこの曲の歌詞すごく共感できると思うんだよね
香澄は自分のスマホにつながったイヤホンを差し出してきた。
そんな風に心配してくれる親友がいること。
幸せかどうかと問われれば、私にとってこれ以上に幸せなことなんてない。

「ありがと」と言ってイヤホンを受け取り、両耳にねじ込む。
しばらくして、エレキギターの心地よいイントロが聴こえてきた。
桂木香澄
桂木香澄
音量、大丈夫?
櫻井遥
櫻井遥
うん、良い感じ
そんな受け答えをしていると、急にドラムとベースが加わり、重厚感のあるロックな曲調に様変わりした。
心臓を蹴飛ばすようなバスドラムの音。
ほっぺたをビンタされているようなスネアの音。
胃袋を締めつけるように唸り声を上げるベースの音。
それらにのって奏でられる、泣いているようなギターのフレーズ。
櫻井遥
櫻井遥
香澄、やっぱりもうちょっと音量下げてもらえる?
桂木香澄
桂木香澄
りょーかい。ちょっと大きすぎた?
香澄はスマホのボタンを押して少しだけ音量を下げてくれた。
うん、たしかに私自身ちょっと大きいかなと感じたのだけど、それよりも──……。