無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

癒し〜3〜
あなた

何するの?

知念侑李
それはお楽しみ
連れて来たところはトイレ
あなた

トイレ⁇

知念侑李
知ってる?トイレの方が面白いよ。
あなた

えっ⁉︎

そして鍵をそっと閉めた
知念侑李
うーん。まずは座って⁇
あなた

うん。

知念侑李
ちーがーう!
知念侑李
こう!
知念くんは私の足を広げた。
知念侑李
じゃあスカート脱いで、パンツ脱いで。
あなた

...⁇

知念侑李
もう!俺がやる!
ゆっくりと脱がせて行く。
知念侑李
うわぁ。さっきまで山田としてたからビッショリ。
あなた

言わないで...

知念侑李
ちょうどいいや。
知念侑李
見て?ここ。
あなた

⁉︎

あなた

...大きい

知念侑李
って事で
チャックを下ろし、パンツを脱いで私の前に来た。
知念侑李
ちゃんと脚開いてね
あなた

もしかして...

知念侑李
いくよ
ーグッ
あそこを押し付けて来た。
あなた

はっ...

知念侑李
あっ...
あなた

んっ...いれて...るの?

知念侑李
そうだ...よ。
知念侑李
なかなか...入らない。
あなた

うぅ...

知念侑李
もしか...して
知念侑李
はじめ...て?
あなた

う......んっっ...そうだよ

知念侑李
だからかっ...こっ...しが...勝手に
あなた

なん...か

あなた

くる...

あなた

あ"ぁぁぁぁん...

あなた

はぁ...はぁ...

これが初めて