無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

乾杯_ソンファ(ATEEZ)
「俺、K-POPアイドルになりたいんだ」

初めて、そう聞いた時は信じたくなかった_
ソンファ
ソンファ
俺、K-POPアイドルになりたいんだ
貴女
貴女
は、?
貴女
貴女
ちょ、何言って
ソンファ
ソンファ
身勝手なのは分かってる
ソンファ
ソンファ
でも、諦めたくないんだ
貴女
貴女
で、でもさぁ、急すぎない、?
ソンファ
ソンファ
前から言おうと思ってたんだけど、なかなか…
貴女
貴女
えぇ、
貴女
貴女
ん〜、分かった…
ソンファ
ソンファ
ごめん、姉ちゃん
そう、私はソンファの“姉”

両親が他界してから、私1人で面倒を見てきた

昔から手のかからない子で、すごくいい子だった

ソンファも、もう成人したから、
やりたいことの1つや2つはあるだろうと思っていた

でも、K-POPアイドルだなんて…

私と同じ様に夢を諦めた時の辛さを味わって欲しくないのに…
ソンファ
ソンファ
姉ちゃんが、諦めないといけなかったからじゃない
ソンファ
ソンファ
自分でなりたいと思ったんだ
貴女
貴女
うん、
私だって、昔は練習生だった   

デビューも決まっていた

なのに、両親が他界したから、諦めないといけなくなって…

一緒にデビューするはずだったメンバーはもう、
トップアイドルになって…

私だって、TWICEのメンバーだったはずなのに…
……なんて考えても、もう過ぎたこと

今は、ソンファのことを考えないと…
貴女
貴女
ソンファ、本気なの…?
ソンファ
ソンファ
うん…本気だよ
ソンファ
ソンファ
どんな結果になっても受け入れる覚悟は出来てる
貴女
貴女
…そっか…
はぁ、こんな時はジョンヨンに電話…
プルルルル プルルルル
ジョンヨン
ジョンヨン
もしもし?
貴女
貴女
あ、ジョンヨナ?
ジョンヨン
ジョンヨン
おん、あなたどしたん?
貴女
貴女
あのさ、私、弟いるじゃん
貴女
貴女
その弟がさ、K-POPアイドルになりたいんだってさ、
ジョンヨン
ジョンヨン
おぉ、K-POPアイドルに、ねぇ、
貴女
貴女
どーするんが、正解よ、
ジョンヨン
ジョンヨン
難しいな…
貴女
貴女
やっぱ、そーよね
ジョンヨン
ジョンヨン
でもさ、あなたの弟なら大丈夫やろ
貴女
貴女
なんで?
ジョンヨン
ジョンヨン
だって、最強の練習生って呼ばれてたあなたの弟よ?
貴女
貴女
まぁ、そやけどさ
ジョンヨン
ジョンヨン
大丈夫、絶対大丈夫や
貴女
貴女
んー、大丈夫か
ジョンヨン
ジョンヨン
そやそや、
貴女
貴女
ありがとーぅ!元気出た笑
ジョンヨン
ジョンヨン
それは良かった、また、なんかあったら電話してきや!
貴女
貴女
うん、ありがと、じゃーね!
ジョンヨン
ジョンヨン
おん、バイバイ
プチ
貴女
貴女
ソンファー!
ソンファ
ソンファ
ん?
貴女
貴女
ほら、もって、乾杯ー!
ソンファ
ソンファ
なんでいきなり、お酒?
貴女
貴女
いいから、ほら、乾杯!
ソンファ
ソンファ
か、乾杯!
ソンファ
ソンファ
なんの、乾杯?
貴女
貴女
ソンファの新しい始まりに乾杯!
ソンファ
ソンファ
え、それって
貴女
貴女
そ!K-POPアイドル、目指してみな!
ソンファ
ソンファ
あ、ありがとう姉ちゃん
貴女
貴女
いーえ、その代わり、絶対K-POPアイドルになるんよ!
ソンファ
ソンファ
もちろん!
初めこそ、信じられなかったけど

今は、違う

精一杯努力しておいで

ダメだったとしても姉ちゃんが笑顔で

「おかえり」って言うからさ、