小説更新時間: 2024/01/18 08:34

連載中

甘やかされ姫と冷たい執事

甘やかされ姫と冷たい執事
  • 恋愛
  • 夢小説
財閥の娘であり、昔母が無くなってしまったためどんな我儘も受け入れられてきた夢主。


欲しいおもちゃも食べたいスイーツも
すぐ手に入る。



でも本当の母親の愛だけは手に入らない


そんな生活を送ってきた。


そんな彼女の元へやってきた専属執事❤️。


甘やかされて育ってきたことの分かる見た目と性格。

初見で発した言葉は「さぞかし綺麗かと思ったけど、そんなことないね(笑)」。


独り言だとは思ったが、どうしても許せず

そしてその言葉に憤りを覚えすぐさまクビにしようとするが出来ず、、、



内心は自分の性格も見た目も好きでは無いことを分かっている。
こんな自分も大嫌いだ。




けれど素直になれない彼女。




1人部屋に閉じこもっていた時に現れたのは優しい眼差しで彼女を見つめる❤️。


「やりたいことはないの?」そう聞かれ
昔抱いていた


「プリンセスになる」夢を思い浮かべるが断念。



結局「執事が私の内情に干渉しないで…っ」そう言い追い払おうとすると「まあ、甘やかされて育った君には無理か」

そう❤️は言い残し

部屋をあとにした。 




『そんなに言うなら、可愛くなって、見返すんだから…!』





似た作品等あっても決してパクリではございません。
さくらんぼ樣にあらすじ提供頂いた作品です!!(是非フォローすべき尊敬様)

チャプター

全23話
15,171文字

が好きなあなたにおすすめの小説

うちの執事はスルースキルが高すぎます!

この小説を読んだ方は、こちらの小説も読んでいます

プリ小説オーディオドラマ

公式作品

もっと見る

公式TikTokの注目動画

もっと見る