無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

《11話》
ピピピッ、ピピピッ、ピピピッ、ガチャ
(目覚まし音と止める音)
○○○
んー
今何時?
(๑°ㅁ°๑)!
ダダダダダダ
SONG
SONG
おはよう!
どうしたの?
○○○
あ、おはよう!
ヤバい遅刻する
SONG
SONG
え!?
まだこの時間なのに?
○○○
うん!
行ってきます!
SONG
SONG
行ってらっしゃい…。
🏃‍♀️~
JAY
JAY
おはよぉー
どしたのぉ?
SONG
SONG
おはよう!
なんかあなたが「遅刻する」とか言って走って行ったよ。
JAY
JAY
え!?
今6:30だよ?
※ついでにあなたが起きたのは6:20です
あなたside
○○○
おはよー
ジョングク
ジョングク
あなた遅い😒
○○○
ごめん
ジョングク
ジョングク
(`・н・´)プクー
○○○
ホントにごめんね
ジョングク
ジョングク
仕方ないから許す
とりあえず、行こっ!
そう言ってグクはあなたの手を引いて
遊園地に向かった。
○○○
あのさー?
グクくん?
ジョングク
ジョングク
何?
○○○
手…。
ジョングク
ジョングク
あ、ごめん/////
嫌だった?
○○○
い、いや
そういう訳ではないけど…。
なんか周りからの目が…。
ジョングク
ジョングク
じゃあもっと周りの目を引いちゃおっかな?www
○○○
ジョングク
ジョングク
チュッ💋💕
○○○
い、今ポッポしたァ!/////
周りの人1
ヤバい
あの二人ラブラブ
周りの人2
ねぇ
○○○
小声)どうしよう
カップルって見られてる
ジョングク
ジョングク
別にいいけど
○○○
グクは能天気なんだねwww
ジョングク
ジョングク
じゃあ、ホントに付き合う?www
○○○
…それは、できないよ
ジョングク
ジョングク
なんで?
○○○
なんでも
ジョングク
ジョングク
ふーん
でも俺諦めないから
○○○
ありがとね
こんな私のこと好きになってくれてw
ジョングク
ジョングク
そろそろ帰る?
○○○
そうしよっか!
私とグクは一緒に帰って行った

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

背を伸ばしたいと思ってるだけの人
背を伸ばしたいと思ってるだけの人
頑張って書きます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る