無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

いや、ほんとごめん
霧崎 茉優
霧崎 茉優
ねえ、モモセ
モモセ
モモセ
あ?んだよ
お昼ごはん、食べるものが無さすぎて卵かけご飯になってしまったナウ。
天使子ちゃんも帰ってこないし…
じゃなくて!
霧崎 茉優
霧崎 茉優
なんでモモセはここにいるの?
モモセ
モモセ
は?
霧崎 茉優
霧崎 茉優
いやだって親御さんとか心配しない?
モモセ
モモセ
…あいつら、気にしねえから
モモセ
モモセ
どうせ
ちょっと悲しそうかな顔をして言うモモセ。
霧崎 茉優
霧崎 茉優
あとさ、もうひとつ
モモセ
モモセ
んだよ
霧崎 茉優
霧崎 茉優
帰りたくないのか知らないけど、なんでここチョイス?
モモセ
モモセ
少しモモセは黙り込んだがすぐに話し始めた。
モモセ
モモセ
俺、探しもんがあってな
モモセ
モモセ
ここにあるかもしんねえだろ
霧崎 茉優
霧崎 茉優
?なくしたものって?
モモセ
モモセ
…なんか可愛いな
ってか鏡って持ち物チョイス乙女か!
モモセ
モモセ
なんかじいちゃんから聞いたんだけどすっげえ貴重なんだって
アルゴット
アルゴット
そうなのか
うわぁ、普通に会話に入り込んできやがった。
ハンナ
ハンナ
どれくらい貴重なんだい?
モモセ
モモセ
しらね
天使子
天使子
盗難届出されてみれば?
モモセ
モモセ
別に、俺いらねえし
モモセ…お前物欲ゼロかよ。
ん、まてよ…?
ということは!
霧崎 茉優
霧崎 茉優
じゃあ、見つけたら私のものにしていい!?
モモセ
モモセ
え、まあいいけど…
天使子
天使子
増やしてどうするんですか?
そりゃあ、もちろん…
霧崎 茉優
霧崎 茉優
擬人化して家事とか手伝ってもらうに決まってるでしょうが!
アルゴット
アルゴット
うわぁ、セコくてひでえ
だまらっしゃい
天使子
天使子
しかし、このうるさすぎる環境が改善されるならいいかもしれませんね
霧崎 茉優
霧崎 茉優
そうだね…って
霧崎 茉優
霧崎 茉優
天使子ちゃんいつの間に帰ってたの!?
アルゴット
アルゴット
お前、気づかなかったのか?
霧崎 茉優
霧崎 茉優
うん、まったく
ハンナ
ハンナ
俺もだ
モモセ
モモセ
誇れねえ気がすんだけど
…まあ、今はそんなのどうでもいい。
霧崎 茉優
霧崎 茉優
鏡探すぞーーー!
私は一人、雄叫びをあげた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
霧崎 茉優
霧崎 茉優
とはいったものの、どうやってさがせばいいか
天使子
天使子
鏡に特徴とかあるんですか?
モモセ
モモセ
ああ、結構でかかったぜ
なるほど。
大きめの鏡ね。
ハンナ
ハンナ
どこでもらってきたとか知ってるのか?
モモセ
モモセ
なんか知り合いの骨董商のじーさんから格安でかったっつってたな
なるほどね…
骨董商か…
霧崎 茉優
霧崎 茉優
そんじゃ、一回そこ行ってみようか
霧崎 茉優
霧崎 茉優
な、アル、モモセ!
アルゴット
アルゴット
は、なんで俺?
モモセ
モモセ
俺別にいいけど
霧崎 茉優
霧崎 茉優
アルいた方が交渉早くなりたつでしょ?
霧崎 茉優
霧崎 茉優
天使子ちゃん、ハンナをお願いね
天使子
天使子
…了解です
ハンナ
ハンナ
え、なにその一瞬の間
私たちはアルとハンナを無視して進み始めた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
骨董商のおじさん
あれ?モモセくんじゃないかい
骨董商のおじさん
どうしたんだい?
モモセ
モモセ
いや、じーちゃんが前でっかい鏡かっただろ?
モモセ
モモセ
それどこにおるか知りてえんだけど
どうやらここは、行きつけの骨董商らしい。
骨董商のおじさん
あー、あれね
骨董商のおじさん
前ここの近くのごみ収集所でなんか頼んでたから、今頃市の方にいるんじゃねえかな?
モモセ
モモセ
…なんで売ったんだ?
骨董商のおじさん
お前、持っててももて余すだけだから、だそうだ
あー、なんか分かる
モモセ
モモセ
…わかった
今日中に取り行くってそいつらに連絡しとけ
霧崎 茉優
霧崎 茉優
え、歩くの!?
アルゴット
アルゴット
当たり前だ
ばかかお前
うぐ、確かにばかだけど!
モモセ
モモセ
ま、いざとなったら俺背負うし
家事手伝ってもらうんだろ?
いくっきゃねえ
あ、ごめんね?家事丸投げして
いや、ほんとごめん、うん…
反省します…
モモセ
モモセ
じゃ、行くぞ
その掛け声と共に私達は歩き出した。