プリ小説
絞り込む
ファンタジー
夢小説連載中
リセット・ワールド

リセット・ワールド

いつ、誰が生命は1つと言った? いつ、誰が人生は1度きりと言った? いつ、誰が平行世界(パラレルワールド)がないと言った? 桜が舞い散るあの日、彼らがくれた得体の知れない光で私の人生が変わった。

43
45分前
恋愛
完結
天宮くん、卒業します!

天宮くん、卒業します!

天宮くんが好き。 ...だから、卒業します! ☆☆☆ 「お前は、俺だけを見てればいーの。」 天宮くんは、いつも私の心をかき乱す。 桜が咲き乱れる、暖かい季節、「春」。 出会いと別れを繰り返す、この季節に 私達は... 【──天宮くんにはある秘密があった】

17
2018/03/05
ファンタジー
連載中
時を越えて、何度でも

時を越えて、何度でも

陰の存在が目に見える 不思議な力をもった高校生、未来(ミライ) そんな彼女がひょんなことから タイムスリップした先で出逢ったのは とある運命を背負った8人の男女だった

7
2018/01/09
恋愛
完結
桜が散る日

桜が散る日

一応、恋愛です! 初めの方は恋愛っぽくないのですが、良ければ最後までお付き合いください! 小さい頃に親から虐待を受けて幸せを知らない女の子・沙奈と沙奈を救う幼馴染・蒼斗の話です。

9
2018/08/02
恋愛
夢小説連載中
桜舞い散るあの場所で。

桜舞い散るあの場所で。

私は初めて恋をした。 いわゆる"一目惚れ"ってもの。 桜舞い散るあの場所でー。 #山田涼介

42
2018/01/24
恋愛
夢小説完結
サクラの約束

サクラの約束

幼稚園の頃からずっと一緒で、家も隣。幼稚園から高校生になる今までずっと一緒。いわゆる幼なじみって関係。 そんな2人のちょっぴりさみしい(?)恋のお話。 関西弁キャラでお届けします。 私の初投稿作品、おれんじのこびんとほしのかけら。(休載中)で馴染みのある名前が出てくるかもなので、よかったら注意して読んでみてください。あっ、でも!~かけら。を知らなくても全然楽しめるお話にはなってます!!!(多分)

9
2018/04/02
ファンタジー
オリジナル連載中
夜桜ノ咲ク頃君ニ逢ウ

夜桜ノ咲ク頃君ニ逢ウ

ある町の片隅、大きな森とその中に神社と、近くに立つ和風な屋敷がありました そこに住んでいる神谷は、街である男の子、律を拾います、律は、神谷の家に行きました、そこに居たのは、見たことないほどきれいな少女でした…しかし 彼女は彼の前で 「私は笑うことができません」 そう言ったのでした、彼女の笑顔を戻したい神谷と律は彼女の笑う顔を見れるのでしょうか 何万年かに一度の奇跡が起こります

9
1日前
ノンジャンル
夢小説連載中
桜な君

桜な君

今君はどうしていますか?

7
2019/04/07
恋愛
連載中
明日も君に会うためにこの場所へ

明日も君に会うためにこの場所へ

なんの面白味のない普通の生活を送っていた少女。ある時自分の過去にタイムスリップしてしまう。なんだったのだろう。少女が過去に残した思い━━。 ‘‘俺はお前のことは大嫌いだ’’ そう。一番言ってはいけない言葉を言ってしまった。俺は後悔した事だろう。まるで終点のない電車に乗っているようだ。取り戻せ…。取り戻すんだ…。 ※この物語はフィクションです。個人・団体名は実際とは関係ありません。

5
2018/01/06
恋愛
夢小説連載中
叶桜が舞い散るとき

叶桜が舞い散るとき

叶桜(かのう)は冬に咲く不思議な桜。誰も見つけられていないのに噂だけひとり歩き。その叶桜を見つけたのは…

5
2018/08/03
恋愛
完結
🌸あの日の桜🌸

🌸あの日の桜🌸

あの日の思い出はいつの記憶…??

3
2018/03/28
恋愛
完結
☆ 早咲き桜の魔法

☆ 早咲き桜の魔法

今日は卒業式。 私の通う学校には、必ず卒業式の日に咲く、『早咲き桜』がある。 そんな桜の木には、都市伝説があった。 それは…「会いたい人に会える」というものだ。 私は、今日、それを実行する…

2
2018/02/19
ファンタジー
オリジナル連載中
桜の大樹と巫女の世界

桜の大樹と巫女の世界

主人公が異世界に召喚されるお話です。

2
2019/04/02
恋愛
オリジナル連載中
あの日の景色を君ともう一度

あの日の景色を君ともう一度

あの日私は君に恋をした そして、私はこう思った もう一度君とさくらが見たいと

0
2019/03/30
ノンジャンル
連載中
紅く、固く

紅く、固く

彩葉咲は特殊軍隊という秘密を抱えた軍隊に所属していた。咲はその第2部隊の隊長であった。そのため、特殊軍隊の中では2番の強さを誇っていた。 しかし、ある1人の男にだけは勝てなかった。その男は――緋雲琉唯。 琉唯は第1部隊の隊長であった。 そして、琉唯は咲に何かとつっかかっていくのだった。 そんな彼を咲はライバル視していた。

0
2019/03/18