無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第164話

約束
944
2020/03/19 08:06







姫澤「……グスッ泣」



中島「そうだよな。悔しいよな。俺も悔しい。」



姫澤「私っ、泣 もう傷つけないって言ったのにっ泣」










菊池「んー……大丈夫。あなた大丈夫。」



姫澤「どうして大丈夫ってわかんの、なんでそんなに自信あるの、」



菊池「お前は悪くねぇの。コロナがわりぃの。」



姫澤「でも約束破ったし……泣」



菊池「泣くな泣くな。」










Sexy Zone LIVETOUR 2020 POP×STEP!? 大阪公演中止。




僕らも詳しく知らないけど城ホは他のアーティストも使うってこともあって




おさえるのが難しかったんじゃないかなって健人くんが言っていた。










確かにそうかもしれない、けど




あなたは前沢山ファンのみんなに迷惑をかけて傷つけたことを




気にして『もう傷つけない。約束する。』




そう、ファンの子と約束したんだって。




なのに破ってしまった。傷つけてしまった。




悔しい、あなただって俺らだって北見だって、




他のグループの人達だって、




何も出来なかったことが悔しい、










松島「…どう……しようね。ファンの子にどうやって声かければいいんだろうね。」



マリ「Web早くあげないといけないのに、なんて書けばいいかわかんないよ。」










姫澤「……何も出来なかった自分がウザイ。大っ嫌い。死んで欲しい。」



佐藤「あなた。そういうこと言うな。」



姫澤「どれだけ無力なのかわかったよ、こんな人間死んだほうがマシ」



菊池「あなたやめろ。」



姫澤「何も出来ずにただ上の決断を待て、それをすんなり受け入れて
なんにもしずにファンを悲しませた。ファンを悲しませるようなアイドルはいらない、」










中島「おいあなた!!いい加減にしろ!!」




姫澤「なんでよ!!ファン悲しませるアイドルがどこにいんの?!
ファン喜ばせなくて何をしろって言うんだよ!!」




中島「お前さぁ!!自分だけそう思ってるって思ってんの?
意味わかんねぇ。俺らだって北見だってそうやって思ってんだよ。
悔しいんだよ、何も出来なくて、ただ悲しませるだけで、」




姫澤「……。」




中島「大丈夫だから。俺らのファンはそんなことで怒んない。
俺らが認めた子達だろ?大丈夫。大丈夫。」










その健人くんの言葉であなたは







栓が抜けたかのように泣き崩れた。







俺らはそんなあなたにどう声をかけていいかわからず







ただ見下ろすことしか出来なかった。