無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

第3話 特別教室
長い廊下の突き当りにある小さめの教室

神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
失礼します
結奈先生
結奈先生
いらっしゃい、瑠歌ちゃん
この人は結奈先生
この教室、特別教室の先生だ
結奈先生
結奈先生
さーて今日は何をしましょうか
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
終わってない数学の宿題があるので手伝ってもらってもいいですか?
結奈先生
結奈先生
よし
じゃあお茶でも入れるから先に進めててね
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
わかりました
この教室...というよりこの部屋は「教室」とついている割に、教室にはそぐわないいろんな設備があったりする。だからここに来ると毎回お茶を入れてもらったり、ちょっとしたお菓子を食べさせてもらえたりするのだ。
結奈先生
結奈先生
それにしても最近よく来るよね
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
音楽発表会前なので練習の時間が増えてるんです
結奈先生
結奈先生
そっか
結奈先生
結奈先生
まあ先生は暇な時間が減ってうれしんだけどね( *´艸`)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
先生ってばww
先生がこんなことをいうのも仕方ない
だって特別教室に来るような人は私しかいないからだ
前は、みんなと同じように授業を受けることができない人や、保健室登校の人が良く来ていた
でも今年に入ってから一気に来る人が減ったらしい
そんでもって先生はとても暇なのだそう
まあ私がいなければ、特別教室は廃止されると思うし、そっちの方がいいとは思うけどみんなが音楽をの授業を受けている間、私は行くところがここしかないのだ
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
先生~
この問題わかんないんですけど...
結奈先生
結奈先生
この問題はね...