無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第115話

113 彼氏を癒す彼女
~あなたside~



正直将来こんな新婚生活送るとしたらマジで体力持たない!!

普段ヤクザとかと喧嘩ばかりしてるからスタミナあるはずなんだけど…



中島健人
中島健人
6500円ッ!!
本当の私
本当の私
いや、それ普通のひき肉だから
しかも特売の安いやつだから
中島健人
中島健人
だって美味いんだもん
ぁ、でもあなたの愛情が入ってるからプライスレスだね笑
本当の私
本当の私
何でもいいから早く食え



散々健人の好きなようにされた私は頑張ってハンバーグ作りましたよ

はぁ…疲れた


中島健人
中島健人
ほらっ、あなたも食べな?
ちゃんと肉食べて体力付けないと
本当の私
本当の私
健人が体力有りすぎんだろ
中島健人
中島健人
そりゃ男だからな


ベッドの上だと健人には敵わない
体力だけじゃなく、すぐドキドキさせてくるから心臓が持たない


本当の私
本当の私
喧嘩は私より弱ぇえクセに(ボソッ)
中島健人
中島健人
ん?なんか言った?
本当の私
本当の私
別に?何も言ってないよ?
中島健人
中島健人
ふーん…あなたのハンバーグ美味いね
早く結婚してえな
本当の私
本当の私
はいはい、そーですねえー



ま、それだけ愛されてるって思えばいっか

うん、そーゆー事にしとこ←





____



中島健人
中島健人
あなた~♡
本当の私
本当の私
んだよ、皿洗いしてんだから邪魔すんな
中島健人
中島健人
だって暇なんだもん
本当の私
本当の私
だったら風呂…って、飯食う前に入ったか
中島健人
中島健人
そうそう、だからあなたちゃん見てるしかやる事ないの♡
本当の私
本当の私
普段何してんだよ
中島健人
中島健人
最近は勉強ばかりだったしなあ…
それかあなたとLINE


そうだ、コイツ今日受験だったんだっけ
忘れてた←


本当の私
本当の私
ちょっと待ってろ、あと少しで終わっから
中島健人
中島健人
はいっ!健人くんちゃんと大人しくしてますっ!


ソファーに戻った健人は宣言通りほんとに大人しくしてる笑


食器洗い終わったら癒してあげようかね
受験頑張ったらしいし





____



本当の私
本当の私
健人~終わったよ?
中島健人
中島健人
ありがとう!俺のお嫁さん♡
本当の私
本当の私
健人の嫁では無いけどな!
ところで…何かして欲しい事とかねえか?
中島健人
中島健人
して欲しいこと?
急にどしたの、珍しいね笑
本当の私
本当の私
たまにはいいだろ!
ほらっ、アレだよアレ、受験頑張ったんだろ?
だからご褒美でもやるよ
中島健人
中島健人
ご褒美くれんの!?マジで!?


健人の顔が嬉しそうに輝き出す
くだらないこと言ってきやがったら却下だけどな!


中島健人
中島健人
えっちな事はさっきしたし…また後でするけど…
うーん、どうしよう…


なんか余計な一言が混ざってた気がするんだけど…


本当の私
本当の私
ほら、早くしねえと私の気変わっちまうぞ?
中島健人
中島健人
それはやだ!
んー…あっ!膝枕してよ!
本当の私
本当の私
は!?膝枕…ッ!?


膝枕ってアレだよね?
膝の上に頭乗せるやつだよね!?

うっわ…そんなんした事ないんだけど


中島健人
中島健人
ねぇ…だめ…?
本当の私
本当の私
いや、良いけど…
中島健人
中島健人
よっしゃ!!
本当の私
本当の私
ほら、おいで
中島健人
中島健人
うんっ!


恥ずかしいけど…喜んでるし、まあいっか



そして私は正座をすると、膝をポンポンと叩き健人を誘った