無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

重岡side
酷いことを言ってしまった。

3人を置いて病室に戻りながら、心がズキズキと痛む。




最近、どうしようもなく自分が嫌でたまらなかった。

たくさん仕事をもらえているのに、俺のせいで日にちを伸ばしたり、仕事自体無くなってしまったり。



こんなんで、デビューしたグループと言えるんやろうか。



センターがこんなんで、何をしてるんや。




とにかく早く元気になって、仕事しないと。

そう焦っても焦っても、退院の日付は伸びる一方。



重たい何かがのしかかって、息が苦しくなる。



それだけじゃなかった。


昨日は、実家へ帰る予定だったのに。




メールで、楽しみにしてるなって、嬉しそうなおかんからのメッセージが来た。






嘘を、ついてしまった。





ー明日、仕事忙しくなってもうて、帰られへん感じやねん。





本当は、病院から一歩も出られない。



でもそんなこと、おとんとおかんには言えない。






ベッドの上でただ寝てることしかできない俺は、


何もできない役立たず。





俺、こんなに弱かったかな。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

みかん
みかん
WESTの太陽みたいなしげがだいすき。  くいだおれ太郎くんが大好き田舎の関西人
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る