無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

はとこ
丸井ブン太
丸井ブン太
はぁ?はとこ!?
奥村いづみ
はい。私の祖父と赤也君の祖母が兄弟でして…
丸井ブン太
丸井ブン太
いや、そりゃ予想つくけどよ。
切原赤也
切原赤也
…んで、丸井先輩はいづみと何してたんスか。
丸井ブン太
丸井ブン太
いや、この間弟が迷子になった時に弟のこと見ててくれたんだよぃ。それに、手当てしてもらったんだ。今日はそのお礼ってことでさ、ケーキ食べさせようと思って。
切原赤也
切原赤也
手当て…?
丸井先輩、怪我してたんスか!?
丸井ブン太
丸井ブン太
…ん、まぁな。
みんなには秘密にしてたつもりなんだけどよ、何故かこいつは気づいて手当までしてくれたいだよぃ。
切原赤也
切原赤也
そうだったんスね。
まあ、叔父さんは有名なスポーツドクターっスもんね。
丸井ブン太
丸井ブン太
そうなのか?
奥村いづみ
は、はい。
月刊プロテニスでも、一応紹介されたくらいです。今はドイツでスポーツドクターとして働いてるんですけどね。
丸井ブン太
丸井ブン太
月刊プロテニスで!?
そりゃスゲーな!
切原赤也
切原赤也
(。・ω´・。)ドヤッ
丸井ブン太
丸井ブン太
いや、赤也が自慢する事じゃねーだろぃ。奥村の親父さんがスゲーってことでさ。
切原赤也
切原赤也
まぁ、そうっスけど…。( ー̀ωー́ )
奥村いづみ
それにしても、赤也君久しぶりだね。
奥村いづみ
小6の卒業式以来だから…
1年と半年くらいぶりだね。
切原赤也
切原赤也
だな。
切原赤也
切原赤也
幼稚園と小学校は一緒だったけどさ、中学校は違うなったからなんかまだ慣れないんだよな。
奥村いづみ
今度お菓子作ってあげるよ。
ほら、卒業式の時にあげた…
切原赤也
切原赤也
あのケーキ作ってくれんの!?
よっしゃーーっ!!
丸井ブン太
丸井ブン太
もしもーし。
俺の事忘れてねぇ?
丸井ブン太
丸井ブン太
つーか、奥村。
お前ケーキ作れんのか?
奥村いづみ
はい。母がパティシエでしたので。
丸井ブン太
丸井ブン太
マジで!?じゃあ、俺の作ったケーキ食べてアドバイスくれよ!
奥村いづみ
いいですよ。(^^)
丸井ブン太
丸井ブン太
んじゃ、ダイニング行こーぜ!
赤也、お前も食ってけよ!
切原赤也
切原赤也
ゴチになるっス!!